ホワイトペーパー

従来のBIが直面する課題とは?--複雑化する要求に応える「データ仮想化」という選択

新日鉄住金ソリューションズ株式会社 2016年11月30日

近年、企業においてデータ分析への関心が高まっています。ビジネス環境の変動の激化と多様化、複雑化に対応すると共に、競合他社の脅威に打ち勝ち、新しい市場機会のチャンスをつかむためには、データ活用が必要不可欠です。

しかしながら、実際には、

リアルタイムにデータ収集したい…
現状分析を的確にしたい…
スピーディに配信したい…
コストも抑えたい…

といった多くの課題がBI担当者の頭を悩ませ、まだ具体的なデータ活用まで至っていない企業が多いのも事実です。

本資料では、そうしたデータ分析における企業の課題を解決するために最適な、新日鉄住金ソリューションズのデータ仮想化製品「Denodo Platform」を、利用パターンを交えご紹介しています。

「データ仮想化」が、どうデータの迅速な統合に役立つのか。
詳細はぜひダウンロードにてご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)