ホワイトペーパー

【導入事例】ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社ビジョンケアカンパニー 分散された情報を一元化し営業プロセスを効率化

株式会社セールスフォース・ドットコム 2006年03月30日

 世界最大のトータル・ヘルスケア・カンパニーとしてグローバルな事業展開をしているジョンソン・エンド・ジョンソンは、社内カンパニー制を採用。1991年には、使い捨てコンタクトレンズの輸入・販売を行うビジョンケアカンパニーが日本で営業を開始し、現在はコンタクトレンズ業界でナンバー1のシェアを獲得している。
 現在、視力矯正が必要とされる人は全国で7000万人以上いるが、コンタクトレンズのユーザーは約1600万人。コンタクトレンズ市場は開拓の余地が十分にあり、同社は新製品の投入と営業力の強化によって、さらにシェアを拡大していく考えだ。新製品は、昨年から3製品を次々に市場に投入。また営業力の強化では、2004年に営業プロセスの見直しを実施。営業プロセスを可視化するツールとして、オンデマンドCRMサービス「Salesforce」を導入した。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)