ホワイトペーパー

"業界随一の検出率"と"ゼロタイム・プロテクション"を誇る Cloudmarkのスパム/フィッシング/ウィルス対抗技術の仕組みとベンチマーク結果

センドメール株式会社 2006年06月15日

Sendmail Mailstream Managerに統合されているCloudmark社のエンジンは、CPUリソースに負荷をかけずに、業界トップクラスの確度でスパム/フィッシング/ウィルスを検出することが、実際のベンチマークテストで実証されています。

 ベイジアンフィルター方式、ヒューリスティック、ハニーポット方式など、従来型のスパムメール対策の課題が明らかになる中、独自の「コラボレーション型」の仕組みを持つCloudmarkは、、世界160を超える国の信頼できる1000万ユーザがスパム情報をリアルタイムにレポートするので、最新の脅威の発生から20 秒から2 分の間に、正確な防御を行うことができます。

 言語依存がなく、日本でもNEC Biglobe, NTT OCN, So-net など、業界トップ8社のプロバイダーの内、すでに7社がCloudmark を選択しています。
同資料では、Cloudmarkの仕組みを分かり易く解説し、ベンチマーク結果をご紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)