ホワイトペーパー

CRMを「次世代型」にするには -- MA、BIを視野にした基盤整備

ソフトバンク・テクノロジー株式会社 2016年11月30日

現場からはどのような課題があがっていますか?」
「企業の成長を支援するビジネス基盤の整備はできていますか?」

こうした問いへの答えが、次世代型CRMの整備だ。

業務生産性の向上が国や企業におけるテーマとして掲げられている中、CRMやSFA によるソリューションを導入している企業は多い。
その発展として、より高度な、例えばMA(マーケティングオートメーション)やBI(ビジネスインテリジェンス)による戦略立案を視野に入れるならば、CRM自体の刷新も視野に入れて考える方が、より有利となる。

本資料は、クラウドベースのCRM基盤により、こうした変革を実現するヒントだ。
Dynamics 365 を中心に、Office 365 や MA、BI、MLなど新たなファンクションの統合と連携をどのように実現し、"次世代型"へと変革することができるのかのステップを紹介している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)