ホワイトペーパー

BEA SOA ドメインモデル−サービス指向アーキテクチャーによるビジネスバリュー実現のために

日本BEAシステムズ株式会社 2006年03月07日

 サービス指向アーキテクチャ(SOA)の目標は、プロセス イノベーション、効果的なガバナンス、サービスの定義や再利用にかかわるIT 戦略を駆使することにより、組織がビジネスおよび技術的優位性を実現することです。

 SOA は、IT の提供方法の転換に継続的な注力が求められる長期戦略ですが、差し迫ったビジネス イニシアチブにも対応する必要があります。このため、SOA の効用はビジネスの長期目標と短期ニーズのバランスが保たれている場合にのみ実現されます。このバランスは、SOA イニシアチブのはじめから、組織、財務、運営、設計、提供に関するプラクティスを確立することで維持できます。

 SOA のためのBEA ドメイン モデルでは、これらのプラクティスを6 つのドメインの中にカプセル化します。各ドメインは、サービス指向アーキテクチャにフォーカスしたフレームワークを等しく提供するようでなければなりません。

 このホワイトペーパーでは、各ドメインで直面する課題と、SOA 実装を成功させるうえで考慮すべきプラクティスについて説明します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)