ホワイトペーパー

エンタープライズJavaの仮想化とアプリの総所有コスト(TCO)の関係を知る

日本BEAシステムズ株式会社 2008年05月02日

BEAは、JavaアプリケーションとSOAサービス用のトップダウン/ボトムアップ対応を提供します。

★エンタープライズJavaアプリケーションのTCO(主な5項目)
1.データセンターの設置スペース費
2.電力と冷却
3.想定外のサーバダウンタイム
4.ソフトウェア管理
5.ハードウェアとソフトウェアのライセンスとサポート

★BEAは、3つのアーキテクチャモデルでシミュレーション。
・非仮想化モデル
・仮想化OSモデル
・仮想化LVMモデル

★より多くのコスト削減に向けて、BEAの効果的なアプローチをご紹介いたします。
 詳しくはホワイトペーパーをご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)