ホワイトペーパー

新たなBIソリューション:テキストマイニングTRUE TELLERで定性情報を“見える化”する

株式会社野村総合研究所 2008年02月12日

いまや企業の競争力は、様々なチャネルから収集した“お客様の声”を、いかに素早く、的確なビジネスに活かすか、にかかっています。

テキストマイニングソリューションTRUE TELLERは、企業に蓄積される様々な文字情報から傾向を抽出し、企業の施策のヒントとして活用できます。

TRUE TELLERを導入されている企業は、電気、住宅、自動車、医薬品、飲料などの大手メーカー、マーケティング調査会社、コールセンターアウトソーサー、自治体など300社(2008年2月現在)。

コールセンターの問い合わせ分析、品質管理、解約防止分析、CS(顧客満足度)調査、商品開発、マーケティング分析など、様々なシーンで活用され、テキストマイニングといえば、「TRUE TELLER(トゥルーテラー)」といわれる実績をあげています。

本資料はTRUE TELLERの特徴と活用シーンを紹介しています。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)