ホワイトペーパー

SOA による製造ラインとバックエンド レガシー メインフレームの統合

フィオラノ ソフトウェア 株式会社 2008年05月29日

製造ラインとバックエンド レガシー メインフレームの統合

背景
製鉄の工程は、最も複雑なプロセスのひとつです。POSCO 社 (韓国の製鉄会社) は、製造プロセスをよりシンプルなものとし、さらに業務処理を簡素化する目的で業務管理システムと製造プロセスを連携させるための技術を求めておりました。POSCO 社は、迅速なインテグレーションとビジネス プロセスの自動化を実現するためのプラットフォームとして、Fiorano のエンタープライズ サービス バス (Fiorano ESB) を採用しました。Fiorano ESB の採用によって、本社メインフレームと工場のプロコンを連携させたビジネス プロセスの自動化に成功しました。その結果、POSCO 社は競争の激しい製鉄業界にとって不可欠な「顧客サービスの向上」を実現することができました。

ケーススタディの内容
このケーススタディでは、複数の工場と本社を一本の ESB で結び、製造ラインのプロセス制御コンピュータとバックエンドのメインフレーム上の業務管理システムとの間でリアルタイムなデータ交換を実現した POSCO 社の SOA に基づいたシステム構成について説明します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)