ホワイトペーパー

指紋・カード入退室管理システムSD-Gateシリーズにハイスペックモデル「SD-Gate V」が新登場

セキュアデザイン株式会社 2008年06月16日

指紋認証・ICカード入退室管理システム「SD-Gate V」を7月に発売します。「SD-Gate V」は現行のSD-Gate72の上位機種となり、SD-Gate72にはない入室・退室一括管理機能を搭載し、最大でユーザ10,000人を登録できるハイスペックモデルとなっています。
「SD-Gate V」は2台の指紋ユニットと1台のコントローラで構成され、入室・退室をこの1セットで管理でき、アンチパスバック機能*1も使用可能。また、登録ユーザ数は最大10,000人、指紋認証速度は1:1000認証/2秒と、大幅に性能が向上しました。さらに、イーサネット通信機能がコントローラに内蔵され、管理ソフトウエア「SDM-V」が同梱されます。
SD-Gateシリーズ最大の特長は、シンプルな作りに徹することで実現する低価格にあります。「SD-Gate-V」でもそのコンセプトは継承され、IDや暗証番号の入力を必要としない1:N高速指紋認証エンジンの特色を最大限に活用し、ハイスペックモデルでありながら、現行モデル並みの小型でシンプルな構造を維持することに成功。他社の追随を許さない小型化と低価格を実現しました。

*1 アンチパスバック機能: 認証なしの不正な入退室を防ぐ機能です。入室時に認証したユーザでなければ退室時に認証されないため、セキュリティ強化に有効です。たとえば、認証せずに共連れなどで入室した人は退室できません。また、入室者のカードをドアの外で受け取って入室することもできないしくみになっています。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)