ホワイトペーパー

ソフトウェア定義 WAN(SD-WAN)の5つのメリットと導入の際の留意点

リバーベッドテクノロジー株式会社 2016年06月01日

市場規模が拡大しているソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)だが、近年その適用先がWANへと広がり、ソフトウェア定義 WAN(SD-WAN)が注目されている。

SD-WANを利用する目的は、ネットワークのリソースではなく、アプリケーションの要件に基づいた動的なプロビジョニングを容易にすることで、ビジネスニーズに俊敏に対応できることだ。また、ネットワークを集中管理できるため、拠点にスタッフを配置しなくともネットワークを細かく制御できるようになる。

SD-WANのより具体的メリットとして、本資料「ソフトウェア定義 WAN の最適化」では、「コストの削減」「柔軟性の向上」「ポリシーベースのアプリケーションの導入」「全社的なセキュリティ」「デバイス管理」の5つを挙げ、解説する。さらに、導入に際しての課題・留意点、リバーベッドが提供する先進の SD-WANソリューションについても言及する。

ネットワーク技術者、セキュリティ技術者におすすめの資料となっている。ダウンロードの上、詳細をご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)