ホワイトペーパー

SaaSへの移行で懸念されるレスポンスの低下--MTC Australiaが採用した予防策とは?

リバーベッドテクノロジー株式会社 2016年12月14日

オーストラリで職業紹介サービスを提供する非営利組織、MTC Australiaは、老朽化したインフラストラクチャを見直すにあたり、クラウドファースト戦略を採用。給与、財務、人事などのシステムを新たに構築したプライベートクラウドに移すと同時に、オフィスアプリケーションもOffice 365へと刷新することを決定した。

しかし、MTC AustraliaのオフィスとOffice 365がホストされるシンガポールは、距離にして6,400km。従業員からは、まともに使えないのではないかとの懸念の声が挙がった。そこで同社ではWAN高速化ソリューションの導入を検討、数社を比較した結果、求める要件を満たしたのは、リバーベッドのSteelHead SaaSだけだったという。

MTC Australiaの場合、SteelHead SaaSの導入により、帯域幅の消費量が最大で60%削減されたほか、オーストラリア/シンガポール間の応答時間を1秒以内に抑えることができたという。

ネットワーク・インフラ担当者におすすめの内容です。下記よりダウンロードしてご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)