ホワイトペーパー

ネットワーク最適化がインフラ計画のカギに--クラウドサービスを快適に利用するには?

リバーベッドテクノロジー株式会社 2016年12月14日

アプリケーションをオンプレミスからクラウドへと移行させることで、企業は保守作業の軽減やインフラコストの削減など、初期投資の削減など多大なメリットを享受することができる。ただし、クラウドサービスの品質はネットワークの品質に負うところが大きく、帯域不足に陥るとパフォーマンスが劣化する。

特にOffice 365のような生産性アプリケーションで発生すると、ユーザーがストレスを感じて生産性が低下してしまう。ネットワーク帯域の拡張は一つの手ではあるが、インフラコストの増大を招くだけでなく、ネットワーク遅延に対しては効果がない。

本資料では、クラウドサービスの利用が拡大する現在において、リバーベッドのWAN最適化技術とインターネット最適化技術が提供する価値を、技術的背景を踏まえて解説する。クラウドへの移行にあたりインフラ計画の見直しを検討している方はぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)