ホワイトペーパー

インドGSM事業者BSNL分析-台湾ODMによる超ローエンド端末生産の可能性について-

株式会社ROA Holdings 2006年10月23日

インドの通信市場は世界でも最速といわれているほど急速に成長を遂げている。2006年以降は携帯電話市場において、3Gサービスの開始が予定されており、更なる成長が予想される状況である。

今回のコラムではインド2位のGSM通信事業者であるBSNLが超ローエンド端末を生産するために、台湾の大手ODM企業であるCompal Communications, Inc.(以下CCI)と中国系メーカーであるTCLと協議中という背景に着目し、端末の生産・供給におけるBSNLの立場や各ODMメーカーの現状をまとめた。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)