ホワイトペーパー

WebMeeting統合型SNSのご提案    ‐内定者フォローの決め手‐

AJS株式会社 2007年11月22日

採用内定者専用のコミュニティを設置してみてはいかがでしょうか
内定者をコミュニティ化し、企業との結びつきを強めることにより、内定者のモチィベーションを保つことが可能になります。企業が内定者に一方的に情報を提供するだけでは、内定者のモチベーションはあがりません。企業と内定者の双方方向にやりとりだけではなく、内定者どおしのやりとりができる環境が必要です。

適切な配属先を見極めるためのきっかけをつくってみませんか
いずれの企業も、入社後、配属にいたるまで集合研修等が行なわれるのは普通ですが、適切な配属先を決定されるのに充分とはいえません。それが、新卒者の早期退職につながるといっても過言ではありません。内定後、時間が十分にあるうちに人事や先輩社員とコミュニケーションをとることで、本人の意向を確認し、適切な配属を可能にできます。

翌年のリクルーターを養成することも必要ではありませんか
企業側からすると、学校の先輩は最良のリクルーターといわれております。企業の会社説明会等をこまめにおこなうことも可能ですが、同じ学校の先輩の意見を学生は信じるものです。採用内定者が入社を決めたその時から、翌年の採用のためのリクルーターとして活用できたら、こんな効率的なことはありません。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)