ホワイトペーパー

教育機関向け3DCGソフトウェアのご提案

株式会社エヌジーシー 2008年02月12日

デジタルコンテンツ制作の需要が高まる上で必要になってくるのが、コンテンツクリエイターの育成です。とくに、3DCGクリエイターは、映画やアニメーション製作、Webコンテンツや、Windows Vistaの登場でにわかに注目を集めているWPFなど、3D的表現が一般的になる一方、3DCGクリエイターの数は、まだまだ不足しているのが現実です。
しかし、3DCGクリエイターの育成に努めようにも、3DCGが教育として一般化するためには、いくつかの困難があるのも事実です。

まず、3DCG自体、発展途上の技術であり、美術的な手法の確立がまだなく教育教材として扱いにくい点と、使用する3DCGソフトウェアそのものの難しさもありなかなかカリキュラムとして採用されにくいのが現状です。

今回この文章では、プロフェッショナルの現場で長年使用されているLightWave 3Dが、実は教育の現場でも多く採用されており、教育機関で採用される理由についてご紹介したいと思います。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)