ホワイトペーパー

ハイブリッドITの自動化を目指す次世代Enterprise ITとは?

日本アイ・ビー・エム株式会社(GTS) 2016年07月21日

ITの役割が多様化する中で、オンプレミス、プライベート・クラウド、IaaS(Infrastructure as a Service)、PaaS(Platform as a Service)、SaaS(Software as a Service)など、さまざまなプラットフォームが混在したハイブリッド環境のインフラを統合的に管理・運用することが求められてきています。

 そのためにはバリアフリーなIT基盤を確立し、サービス化して迅速に提供することが必要となり、IBMではそれを次世代Enterprise IT(Enterprise IT as a Service)と提唱します。

本資料では、次世代Enterprise ITについてその定義と具体的な取り組みを解説します。

<インデックス>
1:IBMの考える次世代Enterprise IT
2:ハイブリッド・クラウド適用パターン
3:次世代Enterprise ITを支えるアーキテクチャー
4:次世代Enterprise ITの実現
-ポータビリティーによる最適化×自動化
-SoEとSoRの連携×アクセス
-ディザスター・リカバリー×Software Defined Networking(SDN)
-統一的な管理と最適な選択×自動化/サービス・マネージメント

詳細は、資料をダウンロードしてご確認ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)