ホワイトペーパー

Java SE 8の新機能は使えるのか?新旧コードでパフォーマンスの違いを検証

日本オラクル(WebLogic Channel) 2016年10月17日

Java SE 8では、さまざまな新機能が追加されましたが、なかでもアプリケーション開発などで広い範囲に影響を及ぼす新機能が「Date and Time API」、「ラムダ式」、「Stream API」です。開発者の中には、移行や学習の手間をかけてまで、使い慣れた従来のコーディング手法からこれらの新機能に移るべきか、迷っている方がおられるかもしれません。

 本資料では、日本オラクルのコンサルタントが、Oracle Java SEの有償ライセンスに付属するツール「Java Flight Recorder」を用いて、これらの新機能のパフォーマンスを検証した結果をご紹介します。

・Java SE 8の新機能に対して開発者が抱く疑問
・Javaにおける日付と時間の取り扱いを刷新するDate and Time API
・無駄なコーディングを省き、本質的な処理を書きやすくするラムダ式
・簡潔な並列処理の実装を可能にするStream API

 記事全文はダウンロードのうえ、ご参照ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)