ホワイトペーパー

急速に進むWebサイトの「常時SSL化」。サーバ/クライアントの負荷増大を解決するには?

株式会社シーディーネットワークス・ジャパン 2016年11月07日

WebサイトのSSL化やTLS化が急速に進んでいる。その最大の理由は、増大するサイバー攻撃の防御をはじめとするセキュリティの要因からだ。SSL/TLS化により悪意ある攻撃者からデータを保護するとともに、Webサイトのデータが改ざんされていないことを証明できる。

また、SEO対策として効果的というデジタルマーケティングの側面や、通信を高速化する次世代プロトコル「HTTP/2」がSSL/TLS実装を前提としているということも理由としてあげられる。

このようにメリットの多いSSL/TLS化だが、課題もある。すべてのコンテンツが暗号化されて転送されるため、HTTPよりもトラフィックが増大することだ。また、サーバ側/クライアント側の双方で暗号化/復号化など負荷の高い処理が実行されるため、パフォーマンスが低下する。

この解決策として注目されているのが、CDN(コンテンツ・デリバリ・ネットワーク)だ。CDNはもともと、大容量のWebコンテンツを負荷分散しながら高速に配信するネットワークだが、SSL/TLSに対応したCDNなら、前述したパフォーマンスの課題を一気に解決できるだけでなく、そのほかのメリットも享受できる。

CDNetworks社が提供する本資料では、SSL/TLS 化に際してCDNを活用するメリット、同社のCDNならでは強みを紹介する。ぜひダウンロードの上、詳細をご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)