ホワイトペーパー

「OpenStack」によるクラウド環境構築の不安を解消する神の一手とは!?

レッドハット株式会社(OpenStack) 2016年11月15日

企業がクラウド環境を構築する上で近年注目を集めているのが、プライベートとパブリックの両方に対応したオープンソースのIaaS環境構築ソフトウェア群「OpenStack」です。このOpenStackは、オープンソースの特長を活かしたコスト削減効果だけでなく、必要な機能のみを利用できる柔軟性や、サードパーティ製の多彩な機器と連携できる点が魅力。数多くの企業が参画するコミュニティでは6ヶ月ごとに新バージョンがリリースされており、新機能の追加や各種改善などが早いのもポイントとなっています。

しかし一方で、OSSが混在するクラウド環境の構築や管理・運用にあたっては「OpenStackに関する経験やノウハウを持つ人材がいない」「本当にOSSで大丈夫?」など、不安を抱えている企業も多いのではないでしょうか。こうした不安を解消してくれるのが、Red Hatの「OpenStack Platform」です。

同プラットフォームは、Red Hat Enterprise Linuxの機能とRed Hat OpenStackテクノロジーを組み合わせたもので、オープンソースによるプライベートおよびパブリッククラウドの構築・管理に適した、高いスケーラビリティとセキュリティ性能を持つ基盤が構築可能となります。これにより企業は、OpenStackを用いた安全で信頼性の高いクラウド環境の開発・デプロイ・拡張などが実現できるのです。

本資料では、OpenStack Platformが持つさらなる特徴や機能を分かりやすくご紹介していますので、OpenStackでのクラウド環境構築に興味がある方はぜひご一読ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)