ホワイトペーパー

これまでの常識はもう通用しない!コグニティブ時代のストレージ基盤とは?

日本アイ・ビー・エム株式会社(Storage_SDS) 2016年11月29日

デジタル変革が進展する中、企業や組織のデータやアプリケーションがAPIを通じてつながりあい、顧客とのエンゲージメントを深めていく、いわゆる「APIエコノミー」がビジネス機会を拡大している。

 しかし、新たなビジネスモデルで成功をつかむためには、それを支えるIT基盤にはこれまでとは異なる新しい思想の設計・構築が必要だ。コグニティブ時代のIT基盤は、より深いエンゲージメントの源泉となる「データ中心」の考え方が必要となり、とりわけデータの保管・蓄積するストレージテクノロジーの選択が、自社のビジネス価値を最大限に高めるための鍵となる。

<この後のダイジェスト>
コグニティブ時代に求められるストレージ基盤の条件とは
コグニティブ時代に求められるストレージ基盤の条件とは
コスト削減を目的としたSDSの採用は宝の持ち腐れとなる可能性大
すでに大きな成果を上げ始めたIBMのSDSソリューション

続きは、ダウンロードしてご覧下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)