ホワイトペーパー

限界に来た従来モデルのセキュリティ・ソリューション。内部の脅威に着目した新たなプラットフォームとは?

Gigamon 2016年09月26日

サイバー・セキュリティ上の脅威は年々増大を続けており、根本的な解決策はなかなか見いだせていない。それはなぜか?。最大の理由は、サイバー・セキュリティの脅威動向が変化し続けているにも関わらず、対策側のセキュリティ・トラスト・モデルは、“境界の外側は危険で境界の内側は安全”という、昔ながらの単純な前提に基づいたままだからである。

だからこそ、サイバー・セキュリティ上の脅威を大幅に軽減するためには、根本的な変革が求められるのだ。まずはネットワーク侵害を不可避のものとして受け止め、マルウェアと脅威を検出するためのセキュリティ・アーキテクチャへと焦点を移し、リスクを緩和するアプローチが必要になる。そしてそのためには、セキュリティ・ソリューション導入の新しいモデルが欠かせないのである。このような新たなモデルの要となるのが、セキュリティ配信プラットフォームだ。

Gigamon提供するセキュリティ配信プラットフォーム「GigaSECURE」は、ネットワークの脅威の検出と脅威への対応を可能にするための多様な機能を組み合わせた業界初のセキュリティ配信プラットフォームである。“内部の脅威”に目を向けた、従来とは異なるモデルに立脚する新しいセキュリティ・ソリューションの全容を知るためにも、ぜひ資料をダウンロードし、一読してみてほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)