ホワイトペーパー

事例から学ぶ!ハードウェアマルチベンダー第三者保守のソリューション提案

データライブ株式会社 2016年12月08日

企業にとって、限られたIT予算をいかに戦略的に投資しするかが大きな課題となっている現在において、 システムを構成するハードウェアの「保守サポート終了(EOL/EOSL)」は、リプレースに膨大なコストを要する悩ましい問題です。

そこで近年注目されているのが、ハードウエア製品を開発・販売しているメーカーではなく、第三者企業が保守を請け負う「第三者保守」という選択肢です。
メーカーの保守期限が切れたサーバに対し、メンテナンスを施すことで、低コストで長寿命のサーバ利用環境を提供するだけでなく、さらには、その後もメーカーに代わり保守を行ってくれる、まさに情報システム担当者への救いの手と言えます。

本資料では、そんな第三者保守のパイオニアである、データライブの導入事例をご紹介します。

ハードウェアの延伸を単なるコスト削減ではなく、「戦略的投資」につなげるためには…?
詳細はダウンロードしてご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)