ホワイトペーパー

コストがネックになっていませんか?VDI環境構築のTCOを削減する「VDI2.0」とは?

レノボ・ジャパン株式会社/日商エレクトロニクス株式会社 2016年12月28日

近年、セキュリティ対策やワークスタイル変革、生産性向上などの目的で、VDI(Virtual Desktop Infrastructure:デスクトップ仮想化)の導入を検討している企業が増えている。一方で、導入にかかる費用がネックとなり、導入を断念しているケースも少なくない。

この課題を解決するのが「VDI 2.0」である。VDI 2.0 は、クラウドサービスとオンプレミスのプライベートクラウドを組み合わせて構築するハイブリッドクラウド型のVDI だ。構築時間の短縮、運用負荷の軽減、ユーザー数増加の際の拡張を容易にし、その拡張にかかる時間や手間を大きく軽減できるのがメリットだ。

本資料では、VDI 2.0 を構成するクラウドサービス「Workspot」と、シンプルかつ拡張可能なオンプレミス基盤として利用できるハイパーコンバージドインフラ「Lenovo Converged HX シリーズ」を紹介するとともに、それらを組み合わせて実現するVDI 2.0のコンセプトや特長、VDI 1.0との違い、VDI 2.0のコスト削減効果のほか、実際にLenovo Converged HX シリーズ上にWorkspot を利用したVDI2.0 を構築した検証結果などを紹介している。

コストがネックでVDI導入をあきらめた企業、これから導入を検討しようという企業に有用な資料となっている。ぜひダウンロードの上、詳細をご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)