ホワイトペーパー

【事例:グリー】子会社増加に伴う、社内ITサービス提供の運用効率化を目指す

ServiceNow Japan株式会社 2017年01月10日

日本を代表するインターネット企業の1つであるグリーは、新たな子会社の設立やM&Aを積極的に実施しており、それらの事業の立ち上げをスピーディーに行い、立ち上げ後の運用負荷をいかに軽減するかが課題となっていた。

また、グループ会社間や業務によって利用しているシステムが異なることも多々あり、システム間でのデータ連携や調整に時間がかかるケースが多く、手作業や表計算ソフトによる作業が残ってしまうことでITサービス提供のリードタイムが長くなったり、無駄なオペレーションコストやミスが発生していた。

こうした課題を解決するために、共通的なITサービス機能をグループ本社側でパッケージ化し、迅速に情報システム部門から子会社に提供していく必要性が高まり、ITサービスマネジメントツールの導入を検討。ITIL準拠のITサービスマネジメントの豊富な機能性と柔軟なカスタマイズ性や、海外での豊富な導入事例、aPaaS(Apps as a Service)として社内システムでの独自開発が容易な点などが評価して、ServiceNowのサービスマネジメント・プラットフォームを採用した。

本資料では、グリーがServiceNowを導入した背景や目的、導入効果を詳しく紹介。成長を続ける企業のITサービスマネジメントを考える上で、有用な資料となっている。ダウンロードの上、ぜひ詳細をご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)