追加的な付加価値サービスがバンドルサービスの収益増をもたらす

株式会社データリソース 2006年05月24日

テレビベースのコーラーIDやホームモニタリングなどの、トリプルプレイの基本サービスに追加的に提供される付加価値サービスによって、米国の1加入者当りの月間収益は2010年には206ドルに増加すると米国の調査会社パークスアソシエイツ社では予測している。

テレビベースのコーラーIDやホームモニタリングなどの、トリプルプレイの基本サービスに追加的に提供される付加価値サービスによって、米国の1加入者当りの月間収益は2010年には206ドルに増加するだろうと、米国の調査会社パークスアソシエイツ社の調査レポート「バンドルサービス市場調査:ユーザー、ビジネスモデル、導入状況」は報告する。定義すれば、バンドルというのは有線音声サービス、無線音声サービス、高速インターネット、テレビを1社のサービスプロバイダから組み合わせて提供を受けることである。現在のトリプルプレイバンドルサービスの1加入者当りの月間収益は148ドルである。

「バンドルサービス市場は、消費者に同じような組合せでサービスを提供するケーブルMSOや電話会社などのサービスプロバイダがあり、複雑な状況である。現在、各企業は激しい値下げや宣伝によって競争している。しかし、消費者は特定の付加価値サービスに魅力を感じており、当然のことながらブロードバンドキャリアは主要な差別化戦略のためにこのようなサービスの提供を進めるだろう」とパークスアソシエイツ社のDeepa Iyer氏は語る。

付加的なサービスは、当初はテレビと高速インターネットが多いが、プロバイダは「ユーザー中心」の加入の動機となるようなサービスを作り出すようになるだろう。この調査レポートは、ブロードバンド加入個人ユーザーの31%がテレビ関連の付加価値サービスに加入したいと考えており、41%がバンドルサービスの一環としてインターネット加入に追加して付加的なサービスに加入することに関心があると回答している。パークスアソシエイツ社は、このような関心は今後5年で加速し、追加的なサービスによる収益は2010年までに107億ドルになるだろうと見ている。

「消費者の関心にみあう統合サービスは、音声サービス、高速データ通信、テレビなどのいわゆる必要不可欠なサービスから、より高度なものへと変化していくだろう。テレビによるコーラーIDや衛星ラジオの値引き加入は「My World」への移行を進め、テレビのモニタリングやユーザーの作ったコンテンツのオンラインストレージバックアップソリューションは新しい価値を持つものになるだろう。

米国の調査会社パークスアソシエイツ社の調査レポート「バンドルサービス市場調査:ユーザー、ビジネスモデル、導入状況」は、バンドルサービス市場の変化を調査している。バンドルサービスのよりよいサービスの組合せや消費者層、新しいビジネスモデルを分析する。バンドルサービスと付加的なソリューションプロバイダによって、よりよい市場戦略を設計し、ARPUをあげ、顧客を保持するための情報を提供する。


レポート目次
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)

調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
バンドルサービス市場調査:ユーザー、ビジネスモデル、導入状況
The Business of Bundled Services: Consumers, Models, and Uptake
(リンク »)

パークスアソシエイツ社 (Parks Assosiates)について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR