Ns総研、「働きかたトレンドレポート Vol.3 ワークスタイルに関する自己認識と派遣スタッフのキャリア志向に関する意識調査」を販売開始

~キャリアにみる仕事感、続ける理由は「自分がやりたかった仕事」「自分に合っている仕事」~

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 2006年07月19日

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるネットアンドセキュリティ総研株式会社(代表取締役 津幡 靖久 東京都文京区)は派遣社員の実情を調査し、支援しているトラストワース株式会社(代表取締役 香西 俊史 東京都港区)が発行する「働きかたトレンドレポート Vol.3 ワークスタイルに関する自己認識と派遣スタッフのキャリア志向に関する意識調査」を販売開始しました。

報道関係者各位

平成18年7月19日
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
(リンク »)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Ns総研、「働きかたトレンドレポート Vol.3ワークスタイルに関する自己認識と派遣スタッフのキャリア志向に関する意識調査」を販売開始
~キャリアにみる仕事感、続ける理由は「自分がやりたかった仕事」「自分に合っている仕事」~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるネットアンドセキュリティ総研株式会社(代表取締役 津幡 靖久 東京都文京区)は派遣社員の実情を調査し、支援しているトラストワース株式会社(代表取締役 香西 俊史 東京都港区)が発行する「働きかたトレンドレポート Vol.3 ワークスタイルに関する自己認識と派遣スタッフのキャリア志向に関する意識調査」を販売開始しました。

「働きかたトレンドレポート Vol.3 ワークスタイルに関する自己認識と派遣スタッフのキャリア志向に関する意識調査」
詳細URL: (リンク »)


■■ 商品概要 ■■

◆「派遣」という働きかたの果たす役割

日本では近年、人々の働きかたが、すごい勢いで変化してきています。働く側では、正社員にこだわらない働きかたが当たり前になり、より自由に、より積極的にスキルアップや、キャリアアップを図ろうという人が増えています。
 また、雇う側では、少子高齢化やグローバル化などの社会変化を受けて、“必要なときに必要な人材を必要な人数だけ”雇用しようという姿勢を明確にする企業が増えています。
 働く側、雇う側、両方の変化が交わるところにあるのが「派遣」。「派遣」はこれからの日本を豊かにしていくために大変重要であり日本の将来がかかっていると言っても過言ではないほどなのです。「派遣」という働きかたの果たす役割が、どんどん大きくなっていく時代。
 本レポートでは、実際に働いているみなさんの本音を集めながら、働く側、雇う側、それぞれへ向け有益な提案をしていきます。

◆現役派遣社員500人に調査を実施

 現在、派遣スタッフとして働く首都圏在住の20歳~30代女性に調査を実施。派遣スタッフの働きかたの現実と意識を徹底分析しました。よりポジティブな働きかた、働く環境を実現するための提案も満載です。

◆「派遣期間」と「自分にベストな働きかた」

 派遣を経験している期間ごとに、これまで経験した仕事のなかで「自分にとって一番よかった仕事の就業形態は?」という質問に対し、「私にとってベストな働きかた」と考える派遣スタッフは、派遣経験1年~3年でほぼ半数、3年を超えるところからぐっと伸びて6割、10年を超える派遣経歴が長いスタッフでは9割近いスタッフが派遣が一番と考えています。
「派遣の仕事が一番」
「これから先もできるだけ長く派遣を続けたい」
そう考えているスタッフは、これまでの派遣の経験のなかで、「自分がやりたかった仕事」「自分に合っている仕事」にめぐり合うことができた方のようです。


■■購読方法■■

働きかたトレンドレポート購読方法は2つございます。「年間購読契約」と、それぞれ発行される「各テーマごと(年12回発行)」を選べます。

◆働きかたトレンドレポート Vol.3
「ワークスタイルに関する自己認識と 派遣スタッフのキャリア志向に関する意識調査」
~キャリアにみる仕事感、続ける理由は「自分がやりたかった仕事」「自分に合っている仕事」~
(リンク »)
派遣社員500人のアンケート調査による、実情の報告、多角的な分析、今後の提案を含めたワークスタイルに関する自己認識とキャリア志向に関する意識調査にクローズアップしたVol.3。

◆働きかたトレンドレポート 年間購読
(リンク »)
「働きかたトレンドレポート」の年間購読は、トラストワース社が調査・発行している毎月15日発売の「働きかたトレンドレポート」の12ヶ月分を10ヶ月分の価格でお求めいただけるサービスです。毎号発売日に弊社よりレポートPDF解除キーを送らせて頂きます。


■■ 調査内容 ■■

1. 基本調査
 1.派遣就業実態
  1.職種
  2.就業期間
  3.現在の仕事に対する満足度
  4.派遣継続意向⑤時給⑥月収

2.有給休暇の取得状況
 2.ワークスタイルに関する自己認識
  1.派遣スタッフであることを実感するとき
  2.派遣スタッフが感じる派遣のメリット・デメリット
 3.プライベートに関する実態調査
  1.仕事以外で夢中になっていること
 4.派遣スタッフのキャリアの軌跡に関する調査
   (1) 職歴の数
   (2) 異なる就業形態での経験の有無とその期間
   (3) キャリアにみる仕事感
  1.これまでの経験で一番良かった仕事内容
  2.なぜその仕事が良かったと考えるか
   (4) 派遣スタッフが仕事を辞める理由


■■ 調査概要 ■■

■ 調査名称:働きかたトレンドレポート

■ 調査手法:ネットリサーチアンケート

■ 調査対象者:現在、派遣スタッフとして働く20~30代女性
       (*首都圏在住 *特定派遣を除く)

■ 有効回答数:513

■調査実施時期:2006年6月末


■■ 資料概要 ■■

商 品 名:「働きかたトレンドレポート Vol.3 ワークスタイルに関する
        自己認識と 派遣スタッフのキャリア志向に関する意識調査」
発 刊 日:2006年7月15日
発   行:トラストワース株式会社
販   売:ネットアンドセキュリティ総研株式会社
判   型:A4・135ページ [PDF版]
頒   価:
■年間購読
280,000円(本体価格266,666円+消費税13,334円)
■単独販売
28,000円(本体価格26,666円+消費税1,334円)

詳細URL: (リンク »)

【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。


■■ ネットアンドセキュリティ総研株式会社 ■■

・設  立:1996年10月
・資 本 金:151,450,000円(2003年11月20日現在)
・代 表 者:代表取締役 津幡 靖久
・事業内容:インターネットビジネスの総合シンクタンク
・取扱商品:・企業様のweb、メールマガジンのコンテンツ企画、制作、運用、
       顧客対応業務の代行
      ・セキュリティ製品レビュー、ウイルス情報、セキュリティホー
       ル情報、インシデント情報など幅広くセキュリティ情報を提供
      ・情報通信市場、ネットビジネスに特化した独自調査の企画、受
       託、調査資料の制作・販売
      ・インターネットリサーチの実施および事業立ち上げ支援サービ
       スなど
・U R L: (リンク »)
・連 絡 先:〒112-0004
      東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル12F
      TEL:03-5805-9126 / FAX:03-5805-9036
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■
〒112-0004
東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル12F
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
TEL: 03-5805-9127 / FAX: 03-5805-9036
担当:安田
info@shop.ns-research.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の関連情報

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?