大きな課題にもかかわらず急速な成長が期待されるWiMAX

株式会社データリソース 2006年11月22日

サービスプロバイダがWiMAX Forum公認の機器を購入することができるようになり、WiMAX技術は急成長の段階に入ったと米国の調査会社インスタット社では報告している。世界の加入者数は、2006年の22万2千から、2010年末には1970万まで増加すると同社は予測している。増加分の大多数は、韓国以外の現在固定サービスを利用しているアジア太平洋地域のほとんどすべての加入者にあたる。

サービスプロバイダがWiMAX Forum公認の機器を購入することができるようになって、WiMAX技術は急成長の段階に入ったと米国の調査会社インスタット社は報告する。世界の加入者数は、2006年の22万2千から、2010年末には1970万まで成長すると同社は予測している。この大部分は、韓国以外のほとんどすべての加入者が現在固定サービスを利用しているアジア太平洋地域の加入者である。

「WiMAXは多くの難局に直面しているが、最大の課題は競争技術とサービスである。WiMAXは、既に確立したブロードバンドサービス分野における競争で苦労するだろう。WiMAXは、現在のプロバイダから顧客をつかむためには明らかに優れたサービスを提供する必要がある。初期のWiMAXの成功は、発展途上国においてであろう」とインスタット社のアナリストDaryl Schoolar氏は言う。

インスタット社は、下記についても調査した。
■ インスタット社は、Sprintを例外として、ほとんどの3Gキャリアは近いうちにはWiMAXを提供しないと考えている
■ 2006年の前半、AlvarionはWiMAX機器収益の最大のシェアを占めた
■ インスタット社は、802.16e機器の売上げがまもなく802.16dを上回ると予測している
■ WiMAXの成長を妨げているのは、規格の不確実性とスペクトルの有用性である

インスタット社の調査レポート「WiMAX市場 2006年:上半期のベンダシェアと5年間の予測 - In-Depth Analysis: WiMAX : 2006 State of the Market」は、世界のWiMAX市場を調査している。2006年前半までの収益と出荷数のベンダ市場シェアを提供する。インフラストラクチャとモバイル機器搭載の5年間予測、世界の加入者を地域毎に提供する。

調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
WiMAX市場 2006年:上半期のベンダシェアと5年間の予測
In-Depth Analysis: WiMAX—2006 State of the Market
(リンク »)

インスタット (In-Stat)について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!