2006年 『東京・街のイメージ』調査

株式会社マクロミル 2006年11月28日

■東京で「住みたい街」の1位は吉祥寺(15%)、「働きたい街」の1位は新宿(26%) ■「イメージが変わった街」1位:品川(19%)、2位:秋葉原(14%)、 3位:六本木(11%) ■東京・各街の連想ワード 六本木「ヒルズ・ヒルズ族」、秋葉原「電気街・オタク・萌え」

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、社長:辻本秀幸)は、東京都在住20~69才の男女を対象に、「東京・街のイメージ調査」を実施いたしました。調査手法はインターネットリサーチ。調査期間2006年9月27日(水)~9月28日(木)。有効回答数は1032名から得られました。

東京は、日本の政治、経済、そして文化の中心として発展を続けています。東京オリンピックによって戦後復興を終結し、高度経済成長の中で新たな発展を遂げてきました。バブル崩壊の煽りは受けたものの、その後も品川、汐留などの臨海副都心における再開発が急ピッチで進んでいます。さらに2016年の東京オリンピック開催に向けて、東京はさらなる変化を続けています。今回の「東京・街のイメージ調査」は、現代における各街それぞれのイメージから、‘東京の顔’を捉えるものとして企画いたしました。

【調査結果概要】
■「住みたい」東京の街1位は「吉祥寺」(15%) 、「働きたい」と思う街1位は「新宿」(26%)
東京都民が「住みたい」と思う街の1位は、いまだ武蔵野の面影を残しながら、若者からも支持される「吉祥寺」(15%)でした。2位は「自由が丘」(8%)、3位は「恵比寿」(5%)となっています。
また、「働きたい」と思う街の1位は、1991年に都庁が移転し、新都心として定着した「新宿」(26%)となっています。そして2位は「東京」(15%)、3位は「渋谷」(12%)でした。1位の「新宿」は、東京と大手町を合わせた「東京駅エリア」と拮抗した結果となっています。

■「イメージが変った」東京の街、1位は「品川」(19%) 、2位「秋葉原」(14%)、3位「六本木」(11%)
「イメージが変わった街」の1位は、新幹線開業(2003年10月)および再開発により都内でも有数のビジネスへと変貌した「品川」(19%)でした。2位は同じく再開発プロジェクトが進み近代的な街並みとなった「秋葉原」(14%)が挙がりました。 3位は、2006年にメディア報道で話題を集めた「六本木」(11%)が挙がっています。

■東京・各街の連想イメージ  六本木「ヒルズ・ヒルズ族」、秋葉原「電気街・オタク・萌え」
各街に対して連想する言葉を挙げてもらったところ、銀座は「高級」「ブランド」、渋谷は「若者」「ギャル」や街の象徴である「109」、新橋は「サラリーマン」「おじさん」などが挙がりました。新宿は「歌舞伎町」「都庁」といったようにイメージが二分化しているようです。
また、六本木は時代のシンボルとも言える「ヒルズ(六本木ヒルズ)」、秋葉原は旧来からのイメージである「電気街」と新たな文化の象徴である「オタク」のイメージが共存している様子が連想ワードから浮かび上がりました。

【株式会社マクロミル 会社概要】
株式会社マクロミルは、さまざまな企業の商品やサービス等に対する消費者の声を、インターネットを活用して瞬時に集める「ネットリサーチ」専門の市場調査会社です。国内45万人を超える消費者モニタ会員を対象に低価格・迅速なネットリサーチを提供する「QuickMill」を主力サービスに、携帯電話を活用したモバイルリサーチ「MobileMill」、世界各国の消費者を対象にした海外市場調査「GlobalMill」など様々なマーケティングリサーチ
サービスを展開しています。

社名    ■株式会社マクロミル
本社    ■東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー11F 〒108-0075
URL   ■www.macromill.com
設立    ■2000年1月31日
資本金   ■8億9,738万円 ※2006年6月末現在
上場取引所 ■東証一部 ( 証券コード:3730 )
代表者   ■代表取締役社長 辻本 秀幸
従業員数  ■166名 ※2006年10月末現在
事業内容  ■インターネットを活用した市場調査(ネットリサーチ)


以上

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社マクロミルの関連情報

株式会社マクロミル

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR