ILOG JViewsで作成したユーザ画面によりドイツ鉄道の列車配車システムを革新

ILOG JViews Gantt で作成したチャートで貨物列車運行計画が簡潔化され、社員の操作訓練が不要に

アイログ株式会社 2005年05月30日

ドイツ、バート・ホンブルク発 2005 年 5 月 11 日 - ソフトウェア・コンポーネントのリーディング・プロバイダであるアイログ社(NASDAQ: ILOG、Euronext: ILO、 ISIN: FR0004042364)は、ドイツ国営鉄道Deutsche Bahn社のITサービス・プロバイダであるDB Systems社が貨物列車の配車アプリケーションの開発においてILOG JViews(TM)を採用し、豊富な情報を表示できるGUI画面を開発したと発表しました。

このシステムはCargo Disposition Fahrzeuge(以下 CDIF)と呼ばれ、ドイツ全土の貨物運行計画に利用されます。CDIFは配車担当者のニーズを考慮し、基礎から開発されたものですが、アイログのグラフィクス技術は、担当者がより迅速かつ正確な判断を下すため役立つと期待されています。DB Systems社の幹部によると、列車運行計画システムを利用する社員のトレーニングに要する時間が、以前は5日から8日かかっていましたが「ほぼゼロ」になりました。

新開発の CDIFでは、ユーザ画面のJViewsガント・チャートを利用して、Railion鉄道網にあるすべての貨物列車を監視しながら運行計画、および配車ができるようになります。Railion社は Deutsche Bahn社の貨物部門子会社です。

ILOG JViewsでCDIFシステムを開発する以前は、複数の表と数値からなる運行予定表を表示するシステムが利用されていました。ユーザ・フレンドリーとは言えない使い勝手の悪いシステムであったため、初期トレーニングコストが高くついていました。さらに、画面表示も不親切で多くの要点が表示されず、担当者が全体像を把握しにくいため、運用コストも押し上げていました。ILOG JViewsを利用した新開発の画面では、Railion社の配車担当者が運行予定に関するすべての情報を一度に見ることができるようになりました。たとえば列車の遅延や問題発生を示す状況感応型のダイアログ・ボックスを表示したり、列車の手配運行状況を色分けできるようになっています。

DB Systems社のプロジェクト・マネージャ、ルドルフ・ワグナー(Rudolf Wagner)氏は「CDIFのGUIは直感的ですぐに覚えられるので、アプリケーション運用開始後トレーニング時間を実質的にゼロにすることができました。当社の顧客であるRailion社は、このアプリケーションを喜んで採用くださっています。当初予定していたより200台多い700台のCDIFワークステーションを、現在ドイツ全土に展開中です。最終段階では、約1,200名のユーザが 24 時間 3 交代の業務にCDIFを利用することになる予定です」と述べています。

CDIFのGUIを作成したソフトウェア開発者もまた、ILOG JViewsを使用することで市場投入までに要する期間を短縮することができましました。ルドルフ・ワグナー氏は「CDIF開発では、当社の中核アプリケーションにうまく統合できるコンポーネントを見つけることが必須でした。ILOG JViewsは、まさにその条件に合致するものでした。ILOG JViewsのおかげで、GUI画面を自ら構築する場合と比較するとごくわずかの時間でCDIFを完成することができました」と説明しました。

アイログが提供する Java、.NET、C++グラフィクス・ライブラリおよびコンポーネントは、市場で最も広範囲な機能が用意されたグラフィクス・ツール・キットとして、洗練されたインタラクティブGUIの構築に貢献しています。アイログのグラフィクス関連製品は複雑かつ大量のデータをユーザがより理解し管理しやいように提示しており、判断スピードの短縮と判断力を向上させます。アイログが提供する各種視覚化製品を利用することにより、洗練されたGUI作成の開発期間を50パーセントから80パーセント短縮できます。数々の賞を受賞した ILOG JViews製品群は、ILOG JViews Diagrammer(グラフ作成)、ILOG JViews Charts(チャート作成)、ILOG JViews Gantt (スケジュール作成)、ILOG JViews Maps(地図表示)、JTGO(テレコム向けGUI作成)のコンポーネントで構成されています。

以上

アイログ社(ILOG(R))について
アイログ社は、お客様がより迅速な意思決定を行い、変更および複雑度を管理するためのソフトウェアおよびサービスを提供しています。全世界で 2,000 社を超える企業や 400 社を超えるソフトウェア・ベンダが、市場をリードするアイログの BRMS (ビジネス・ルール管理システム)、最適化、視覚化の各コンポーネントの活用により飛躍的な投資効率を達成し、市場を席巻する製品やサービスを立ち上げ、また、その競争力を強めています。アイログはBRMS の市場リーダーです。アイログは 1987 年に設立され、全世界に 600 人以上の社員がいます。アイログ株式会社はその日本法人です。詳細については www.ilog.co.jp をご覧ください。

ILOGは ILOG 社の登録商標です。ILOG JRulesはILOG社の商標です。他の全ての社名および商品名はそれぞれを所有する各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR