AT&T GNSとインターネット セキュリティ システムズ(ISS)、『不正侵入防御サービス』の提供でパートナーシップ契約を締結

―企業の情報資産を守るセキュリティ・ソリューションを提供―

AT&Tグローバル・サービス株式会社 2005年07月04日

AT&Tグローバル・サービス株式会社(代表取締役社長:湊 方彦、以下AT&T GNS)とインターネット セキュリティ システムズ株式会社(代表取締役社長:林 界宏、以下ISS)は本日、企業ネットワークへの不正侵入検知とその防御を行う『不正侵入防御サービス』の提供で、パートナーシップ契約を締結したと発表いたしました。

このパートナーシップ契約に基づいたサービスは、本日よりAT&T GNSの企業顧客1,000社を対象にアウトソーシング・サービスとして提供を開始します。

AT&T GNSは、米国を始め各国で培ったネットワークの技術力を背景に、国内でもクライアント認証、ウイルス対策、検疫ソリューション、通信の暗号化など幅広い分野で、コンサルティングやネットワーク・インテグレーションの一環としてセキュリティ・サービスを提供してきました。
今回のISSとのパートナーシップ契約の締結で、AT&T GNSは一層セキュリティ・サービスを拡充すると共に、企業における不正侵入対策における負担を軽減し、より充実したセキュリティ環境と企業の情報資産の確保に貢献します。

今回提供する『不正侵入防御サービス-マネージド プロテクション サービス(MPS-Standard)』は、ISSのインライン型不正侵入防御システム(IPS - Intrusion Prevention System) Proventia® Gシリーズを使用して提供されるものです。このサービスでは、企業が望まない不正アクセスの防御、検知、応答、対応から緊急事態応答、システム監視、X-Press UpdateTM * 、カスタマーポータル**、ポリシー変更要求の実行など11項目をSLA(サービス品質保証:Service Level Agreement)として定義する事により、常に高品質なサービスレベルを保証し、企業の重要な情報資産を様々なインターネット上の脅威から防御します。

この「不正侵入防御サービス」は、AT&T GNSがネットワーク・アウトソーシング・サービスとして提供します。AT&T GNSは導入前のコンサルティング、Proventia® GシリーズIPSの販売・設置ならびに必要に応じ各種ネットワーク・サービスの導入を行います。

ISSはAT&T GNSが設置したProventia® GシリーズIPSとISSセキュリティ・オペレーション・センター(SOC)を接続し24時間365日常時監視を行い、不正アクセスの検知および防御を担当します。ISSの東京SOCは、グローバルに展開する他4箇所のSOCとリアルタイムに連携し、ISSの有する民間最大級の脆弱性研究機関、X-Force®が提唱するVirtual Patch™***をベースとした高品質な防御サービスを顧客企業に提供します。また、日々の検知状況や最新の脆弱性情報、および各種レポートなどはカスタマーポータルを通じて提供します。

Proventia® GシリーズIPSのシステム稼動監視は、両社が24時間365日体制で行います。

Proventia® GシリーズIPSの価格は一台当り1,512,000円(消費税込み)からで、不正侵入防御サービスは個別見積となります。

用語解説

* 脆弱性やインターネット上の脅威に対する研究機関、X-Force®が開発するセキュリティホールに対するシグネチャ

** ISSが顧客企業に提供するサービス、セキュリティ情報提供サイト

***X-Forceの開発するX-Press Update™をISS製品(Proventia等)に適用することにより、未知のウィルス、ワームなどの攻撃から社内システムを未然に防ぐ方法。


備考:Proventia、RealSecure、及びX-ForceはInternet Security Systems, Inc.の登録商標です。その他のInternet Security Systems各商品はInternet Security Systems, Inc.の商標または登録商標です。記載の社名および製品名等は、一般に各社の商標または登録商標です。



AT&Tグローバル・サービス株式会社について
1999年(平成11年)に設立、本社は東京都港区。企業ネットワークの設計から運用、構築、保守まで一括して提供するネットワーク・アウトソーシング・サービスを核としてビジネスを展開。また企業向け、個人向けにデータ・ネットワーク・サービス及びインターネット接続サービス等のネットワーク・コネクティビティ・サービスも展開。代表取締役社長:湊 方彦(みなと のりひこ)、従業員約370名、資本金10億円。詳細については (リンク ») をご覧ください。



インターネット セキュリティ システムズについて
ISSは、グローバル企業や世界の政府機関から高い信頼を受け、インターネット上の脅威から守るための製品及びサービスを提供しています。1994年より、グローバル市場におけるセキュリティの先進的プロバイダとして、ISSは企業を取り巻くビジネスリスクの軽減と遵法性、及び高い対投資効率を世界の顧客企業に提供しています。ISS の製品及びサービスは、脆弱性及び脅威研究の世界的な権威である ISS X-Force® の積極的な調査活動、蓄積された知識と経験が根底となっています。
ISS は、米国ジョージア州アトランタに本社を置き、北南米、アジア・オーストラリア、ヨーロッパ及び中東諸国を含む全世界にオフィスを置いています。(1998年3月米NASDAQ上場(記号:ISSX)。2004年12月期の売上は2億8,989万3千米ドル(約301.5億円)、従業員数:1230 名 (2004年7月末現在)(ホームページアドレス: (リンク ») )
同社の日本法人、インターネット セキュリティ システムズ株式会社は、同社のアジア・太平洋支社も兼ねており、1997年に設立、社員数約150名(2004年12月末))、2004年12月期の売上は44億7300万円となっています。(2001年9月JASDAQ上場、証券コード:4297)(ホームページアドレス: (リンク ») )

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR