デザインと IT との融合をテーマにしたカンファレンス 「DESIGN IT! Conference 2006 Spring -CMS にみるITデザインの可能性-」開催

ソシオメディア株式会社 2006年03月02日

ソシオメディア株式会社は、IT(情報技術)とデザインを融合する領域をテーマとするカンファレンス「DESIGN IT! Conference 2006 Spring -CMS にみるITデザインの可能性-」を2006年4月11-12日の2日間、秋葉原コンベンションホールにおいて開催することを発表しました。

 ウェブサイトを始めとしたITデザインの向上支援を行うソシオメディア株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役:篠原稔和、以下ソシオメディア)は、IT(情報技術)とデザインを融合する領域をテーマとするカンファレンス「DESIGN IT! Conference 2006 Spring -CMS にみるITデザインの可能性-」を2006年4月11-12日の2日間、秋葉原コンベンションホールにおいて開催することを発表しました。

 本イベントは、今後の我が国のIT産業をデザインの側面から補強、強化していくことを念頭におき、ビジネスとITとの関係性をデザインによって可視化して管理すること、利用者に使いやすいITのデザインによってビジネスを最大化すること、人を中心に置くデザインの諸活動を企業・行政・教育機関の諸組織のあり方と社会インフラの改善へとつなげること、を目標に掲げています。

 今回のテーマは、 DESIGN IT!のテーマ群の中から、「コンテンツ・マネジメント」を中心に据え、同テーマにも関連の深い「情報アーキテクチャ」、「インタラクション」から構成します。特に「コンテンツ・マネジメント」においては、市場からのニーズの高まりと製品やサービスの発展と成熟にともなって、製品や考え方を実際の組織に導入して運用するためのスキルが多岐にわたり、益々専門スキルを持つ人材や、スキルそのものを明らかにしていくことが問われています。

そのような中、既に欧米では、「コンテンツ・マネジメント」に関わるスキルをもつプロフェッショナル達のコミュニティが形成され、その場での積極的な情報やノウハウ・事例の交換を通して、「コンテンツ・マネジメント」市場の拡大を支えています。
 このような動向を受け、今回、「コンテンツ・マネジメント」の専門家コミュニティに関わるリーダー2人を米国より招聘します。

ボブ・ドイル氏は、CMS のための総合情報サイトである「CMS Review( (リンク ») )」を運営すると同時に、CMS の専門家コミュニティである「CM Professionals(略称:CM Pros, (リンク ») )」を主催しています。
また、ピーター・モービル氏(日本では『Web情報アーキテクチャ - 最適なサイト構築のための論理的アプローチ』(オライリー・ジャパン刊)の共著者として著名)は、先のCM Prosの創設に携わると同時に、「情報アーキテクチャ」の専門家コミュニティである「情報アーキテクチャ研究所( (リンク ») 、日本支部 (リンク ») )」の創設者です。

その他にも、アジアや日本におけるCMS市場や製品の動向を紹介するセッションや、製品やサービスを組織に定着させる上での鍵を握る「インタラクション」のデザインに関わるセッションを行う予定です。

 なお、今回のDESIGN IT! Conference 2006 Spring では、ソフトウェア・ライフサイクル環境技術を中心テーマとする総合テクノロジー・カンファレンス「ITライフサイクル技術展(LiM Tec Conference=通称リムテック)」と同時開催することにより、ITライフサイクルを構成するすべての技術や産業・分野の諸領域に対しても、「デザインとITの融合」に関する情報・技術・製品を提供することを目指しています。


【開催概要】
● イベント名:「DESIGN IT! Conference 2006 Spring」
● タイトル:CMSにみるITデザインの可能性
● ウェブサイト   (リンク »)
● 開催日時:
 ・1日目:2006年4月11日(火)13:00~21:00
 ・2日目:2006年4月12日(水)10:00~18:15
● 会場:秋葉原コンベンションホール
(東京都千代田区外神田1-18-13、JR秋葉原駅徒歩1分)
  (リンク »)
● 主要テーマ:
 ・コンテンツ・マネジメント、インタラクション、情報アーキテクチャ
 ・上記に関連する考え方/ノウハウ、方法論/手法、サービス、ツール、ケーススタディ
● 対象:
 ・企業・行政・教育機関の広報部門、ウェブ部門、IT部門の管理者
 ・企業・行政・教育機関のウェブサイト担当者
 ・ウェブサイトおよびウェブアプリケーションのデザイナー、制作者、開発者
 ・企業・行政・教育機関のIT部門のエンジニア 
● 目標動員数:1,000名(2日間)
● 主催:ソシオメディア株式会社
● 後援・協賛・協力:多数調整中
● 同時開催イベント:LiM Tec Conference/UML Forum 2006
(リンク »)

【お問い合わせ先】
●本ニュースリリースに関するお問い合わせ
ソシオメディア株式会社 マーケティング部
榊原春己
Email:info@sociomedia.co.jp
TEL:03-5206-6787 FAX:03-5206-6823
〒162-0842
東京都新宿区市谷砂土原町3-4-2 市ヶ谷グリーンプラザ032
●本カンファレンスに関する問い合わせ先
ソシオメディア株式会社 DESIGN IT! 事務局
Email:office@designit.jp
TEL: 03-5206-6787 FAX:03-5206-6823


【2005年開催実績】「DESIGN IT! Pre-Conference 2005」
・開催日:2005年2月28日(月)、3月1日(火)、3月2日(水)
・開催場所:日本青年館(2月28日)、TEPIA(3月1日・2日)
・来場者総数:686名(3日間)
・主催:ソシオメディア株式会社
・ゴールドスポンサー2社:日本ステレント株式会社、株式会社インフォザイン
・シルバースポンサー8社:彼方株式会社、インターウォーブン・ジャパン株式会社、パナソニックデジタルネットワークサーブ株式会社、株式会社ネットドリーマーズ、Fatwire株式会社、株式会社フレームワークスソフトウェア、株式会社アシスト
・協賛17社:月刊 ソリューションIT、Web Designing、インターネットマガジン、web creators、マクロメディア株式会社、Web Site Expert、CMS Watch、株式会社アットマーク・アイティ、オライリー・ジャパン、CNET Japan、アシロマ情報アーキテクチャ研究所、アスキー24、Design Wedge、人間中心設計推進機構、The Gilbane Report、株式会社デジタルスケープ、RBB TODAY
・主なゲストスピーカー:B.J. フォグ、E. バレット、J.J.ギャレット、レベッカ・ブラッド、トニー・バーン、マーク・レティグ、マイク・パチェロ、川崎和男、黒須正明、須永剛司、新潟県、NTTデータ、ソニー生命保険、 松下電器産業、アドビシステムズ、ベントレー大学、他(敬称略)


【ソシオメディア株式会社概要】
(リンク »)
事業所:東京都新宿区市谷砂土原町3-4-2 市ヶ谷グリーンプラザ032
電話番号:03-5206-6787
設立:2001年3月
資本金:4,250 万円
代表者:代表取締役社長 篠原稔和
業務内容:
*コンピュータシステムに関するコンサルタント業
*コンピュータネットワークシステムの研究業務
*コンピュータネットワークシステムの設計および開発業務
*コンピュータインターフェースの設計と開発業務
*書籍の企画、翻訳、出版
*セミナー、講演会における講師派遣
*前各号に付帯する一切の業務

【備考】
「DESIGN IT!」は、ソシオメディア株式会社の商標です。

以上

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ソシオメディア株式会社の関連情報

ソシオメディア株式会社

ソシオメディア株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから