クロスビーム・システムズ、元ノキアのセキュリティ担当役員ティモシー・リーをアジア太平洋地域の営業担当副社長に任命

クロスビーム・システムズ 2005年03月08日

日本での支社オフィスの開設と代理店チャンネルの構築を予定

東京 – 2005年3月8日 – 大規模ネットワークのセキュリティ機器の分野で世界をリードするクロスビーム・システムズ(本社:マサチューセッツ州コンコード、社長:ピーター・G・ジョージ)は、ティモシー・リーをアジア太平洋地域の営業担当副社長に任命したことを発表しました。ティモシー・リーの前職は、ノキア・エンタープライズ・ソリューション(アジアパシフィック)の副社長で、ノキアでの6年間において、そのアジア太平洋地域のセキュリティ・ビジネスを確立しました。ノキア・エンタープライズ・ソリューション・アジアパシフィックは、企業向けにセキュリティとモバイルのソリューションを販売し、売上は1億5000万ドル規模に達しています。

クロスビームの「Xシリーズ」、「Cシリーズ」は、チェック・ポイント、ISS、アラジン、トレンドマイクロ、セキュア・コンピューティングといった業界最高レベルのファイアウォール/VPN、侵入防御、コンテンツ・セキュリティ、Webフィルタリングなどのセキュリティ製品を統合する革新的なアーキテクチャー(特許申請中)により、統合セキュリティ・デバイスとして、業界で高い評価を得ています。現在、450を超える企業/サービス・プロバイダの世界最大規模のネットワークが、クロスビームの高性能、高可用なセキュリティ・デバイスを使って、その高度なセキュリティを実現しています。

クロスビームの社長兼CEOのピーター・G・ジョージは次にように語っています。「クロスビームは2005年、アジア太平洋地域での急速な成長を見込んでいます。この目標を達成するための人材、製品、そして見込み客は、全て揃っています。ティモシー・リーは、ソフトウェア・ベンダーとの強力なパートナーシップ、各国のお客様のニーズに対する詳細な知識、意欲的な代理店チャンネルの構築などができる優秀なセキュリティのプロフェッショナルであり、まさに、私たちが欲していた人材です。」

ティモシー・リーは、クロスビームの営業担当副社長として、日本、中国、オーストラリア、韓国、その他の東南アジア市場でのビジネスの成長のために、営業及び技術サポートチームとともにシンガポールに着任し、アジア太平洋地域の営業活動を統括します。そして、代理店のチャンネル拡大、パートナーとの連携などにより、そのビジネスを強力に推進していきます。

日本市場を最も戦略的な市場として重視するクロスビームは、日本市場において確固とした地位を築くための準備を進めています。日本でのオフィスの開設を計画し、クロスビームの日本オフィスのプリ/ポスト・セールスのエンジニアリング活動を含めたビジネス全体を統括する支社長の人選を、現在行っています。さらに、企業及びサービス・プロバイダ向けのクロスビームのセキュリティ・ソリューションを販売する日本全国規模の代理店の流通チャンネルを構築する計画です。

ティモシー・リーは次のように語っています。「ネットワーク・セキュリティのソリューションは、ネットワーク周辺の置かれる単純なセキュリティ・アプライアンスから、セキュリティ・デバイスが、複数のレイヤーでネットワーク全体に広がる形へと進化しています。クロスビームの統合セキュリティ・サービス・スイッチは、その優れた性能、信頼性、スケーラビリティにより、アジア地域、特に日本で急成長するこうした高度なセキュリティ・ニーズに対応することができるでしょう。」

ティモシー・リーは、ノキア・エンタープライズ・ソリューションズ(アジアパシフィック)の副社長として、50社以上のパートナーを含む流通チャンネルと、14カ国での企業向けセキュリティ及びモバイル・ソリューションの販売を統括してきました。また、その前職ではノキア・インターネット・コミュニケーションズ(アジアパシフィック)の副社長として、企業及びサービス・プロバイダ向けのネットワーク・セキュリティ・ソリューションの流通チャンネルを構築し、この地域でのノキアのセキュリティ・ビジネスの基盤を築きました。

ティモシー・リーは、ノキア以前には、アジア地域の企業市場をターゲットとした米国UUNETとの技術提携のあるベンチャー系サービス・プロバイダAunetに勤務していました。Aunetの前には、GEインフォメーション・サービスにおいて、米国、アジア太平洋地域などで、営業、マーケティング、技術などの様々な分野で16年間に渡り要職を務めています。ティモシー・リーは、米国コロラド州デンバー大学の数学で学士を、コンピュータ・サイエンスで修士を取得しています。

用語解説

クロスビーム・システムズについて

クロスビーム・システムズは、世界規模で成長を続けている、統合セキュリティ・デバイス市場を開拓した企業で、世界でも最大規模のネットワーク・セキュリティの市場リーダーです。クロスビームは、グローバル企業、キャリア・ネットワーク、中小規模企業それぞれのニーズにあったセキュリティ・ソリューションを提供します。ベイネットワークス、シスコ、ノーテル/ウェルフリート、アルカテルといった企業出身のマネージメント・チームにより、2000年の初頭に設立されました。米国マサチューセッツ州コンコードに本社を、欧州、アジア地域に支社を持っています。チューダー・ベンチャーズ、マトリクス・パートナーズ、ノースブリッジ・ベンチャー・パートナーズ、コモンウェルス・ベンチャー・キャピタル・ベンチャー・パートナーズ、インテル・キャピタル、チャールズ・リバー・ベンチャーズなどのトップクラスのベンチャーキャピタルからの支援を受けています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

クロスビーム・システムズの関連情報

クロスビーム・システムズ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR