アイエイエフコンサルティングが執筆・監修した「BIシステム構築実践入門」が出版

~従来にない真のデータ活用に必要な現場レベルのノウハウを明示、翔泳社から5月下旬に~

株式会社アイエイエフコンサルティング 2005年05月19日

株式会社アイエイエフコンサルティング(以下 アイエイエフコンサルティング、本社:東京都中央区、代表取締役社長:青野晴成)は19日、アイエイエフコンサルティングが執筆、監修した書籍「BIシステム構築実践入門~DBデータ活用/分析の基礎とビジネスへの応用」が5月23日に翔泳社から出版されることになりましたので、お知らせします。

 「BI(ビジネス・インテリジェンス)」という言葉が日本に上陸してから10年近くの年月が経過しようとしています。鍋底のように景気が低迷していた時期に登場した言葉であり、闇雲に新規の営業先を追い求めるよりも既存の顧客データを見直し、有効な営業戦略を構築したり、それを実践に移せるように経営判断を仰ぐ意思決定のツールとして脚光を浴びた時期もありました。そのBIを背景に多次元分析ツール(OLAP)が華やかな市場を形成し、各ベンダーから様々なプレゼンテーションも行われましたが、BIによる効果というと、今ひとつはっきりしていないのが実情です。むしろ、「十分に活用されていない」、「埃を被っている」といったことも聞かれ、さらにはITシステムのインフレを引き起こした要因と酷評されるほどです。
 こうした状況を冷静に分析してみますと、企業データを有効に活用するための仕組みと構築法が十分に理解されていない、あるいは、十分に理解されていても現場では受け入れにくいものになっていたり、うまく運用されていないといったことが浮き上がってきます。そこで翔泳社のDBマガジン編集部がBIツールの表層的な情報だけでなく、技術と業務の両面からBIシステム構築に必要な知識を実例ベースで基礎からやさしく解説し、今までに存在しなかった真のデータ活用のための現場レベルのノウハウを具体的に示すことを目的とした連載を企画、その執筆をアイエイエフコンサルティンの平井明夫が担当することになりました。
 筆者の平井明夫は、日本DEC(現・日本ヒューレット・パッカード株式会社)、コグノス株式会社、日本オラクル株式会社でソフトウェア製品の開発、マーケティング、導入コンサルティングを歴任、特に、データウェアハウス、BI、OLAPでは10年以上の経験と実績があります。「BIシステム構築実践入門」は、平井明夫がDBマガジンの2004年5月号から2005年4月号までの12回にわたる連載「目指せCIO! DBエンジニアのためのBI講座」に加筆したもので、導入効果が見えるBI構築の実践的な指南書となるものです。

なお、「BIシステム構築実践入門」の概要は、つぎのとおりです。

以 上

<「BIシステム構築実践入門」について>
■書名:BIシステム構築実践入門~DBデータ活用/分析の基礎とビジネスへの応用
■刊行:2005年5月23日
■著者:平井明夫
■監修:株式会社アイエイエフコンサルティング
■予価:本体2,300円+税
■頁数:256ページ
■判型:A5判
■発行:翔泳社
■章構成:
第1章 BIシステムの基礎知識
第2章 BIシステムのアーキテクチャ
第3章 BIシステムの構築方法論
第4章 BIシステム構築の上流工程
第5章 BIシステムの構築フェーズ
第6章 BIシステムの最適化
第7章 会計BIシステムの基礎知識
第8章 会計BIプロジェクトの要件定義
第9章 会計BIシステムの設計ポイント
第10章 販売BIアプリケーション
第11章 在庫BIアプリケーション
第12章 財務KPIモニタリング

以 上

株式会社アイエイエフコンサルティングについて
1998年に設立されたデータウエアハウス、データ分析専門の独立系コンサルティング会社です。金融、通信、製造、流通、サービスなど多岐にわたる業種のデータウエアハウス、データ分析アプリケーション構築プロジェクトに参画し、システム分析・設計・導入から運用までをトータルにサポートしています。
Webサイトは、 (リンク ») です。


文中の企業名、製品名ならびにサービス名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アイエイエフコンサルティングの関連情報

株式会社アイエイエフコンサルティング

株式会社アイエイエフコンサルティングの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR