F5のFirePassがNTTドコモの電子認証サービス「FirstPass」に対応 -携帯電話のデバイス認証を実現したSSL VPNソリューションの提供が可能に

F5 ネットワークスジャパン株式会社 2004年06月29日

F5ネットワークスジャパンは、SSL VPNアプライアンス製品「FirePass」がNTTドコモおよびグループ8社が提供する電子認証サービス「FirstPass」に対応し、携帯電話のデバイス認証を実現したSSL VPNソリューションの提供が可能になったことを発表しました。

F5ネットワークスジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ティム・グッドウィン、以下F5)は、同社のSSL VPNアプライアンス製品「FirePassリモートアクセスコントローラ、以下FirePass」が株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中村維夫、以下NTTドコモ)およびNTTドコモグループ8社が提供する電子認証サービス「FirstPass」に対応し、携帯電話のデバイス認証を実現したSSL VPNソリューションの提供が可能になったことを発表します。

NTTドコモのFirstPassは、同社の携帯電話端末「FOMA」に搭載可能なデジタル証明書を発行・管理するサービスです( (リンク ») )。NTTドコモ運営の認証局(FirstPassセンター)が署名する、信頼性の高いデジタル証明書を使って、FOMA端末本体やFOMA端末を接続したパソコンでSSLクライアント認証を可能にします。これにより、携帯電話による企業ネットワークへのリモートアクセス、インターネットショッピング、オンライントレーディングなど、インターネットを利用した各種モバイルサービスの個人認証において、強固なセキュリティを確保します。

F5のFirePassは、携帯電話やPDAなどのモバイルデバイスに完全対応したSSL VPNアプライアンスで、Webブラウザからイントラネットやメール、共有ファイルなどの企業の社内リソースへのセキュアリモートアクセスを実現します。また標準搭載の「VPNコネクタ」により、クライアントサーバ系のアプリケーションや業務アプリケーションへのシームレスな接続も可能です。ユーザーはWebブラウザの汎用性を活かして、どこからでも簡単に社内へリモートアクセスできるようになります。

その一方で、SSL VPNではユーザーはあらゆる場所からさまざまなデバイスでアクセスできることから、従来のユーザーIDと固定パスワードによる認証では「なりすまし」などの脅威に対抗できないとされています。十分なセキュリティを確保するためには、ワンタイムパスワードやSSLクライアント認証ソリューションが必要とされます。

こうした認証強化ソリューションは本来ノートPCなどのパソコンでの利用が中心ですが、NTTドコモは携帯電話で利用できるSSLクライアント認証ソリューションとしてFirstPassを提供しています。今回、F5のFirePassがNTTドコモのFirstPassに対応したことにより、携帯電話を使ってSSL VPNを利用しているモバイルユーザーに対しても、SSLクライアント認証を使ったセキュアな認証が可能になります。

これまでF5は、モバイルの普及がめざましい日本市場を意識した製品開発を進めてきました。携帯電話を使った社内ネットワークアクセスを容易にするFirePassの「モバイルアダプタ」も、こうしたマーケットの要望に応えた機能の1つです。今回、NTTドコモのFirstPassに対応したことで、FirePassはそのモバイル機能を活用し、携帯電話のデバイス認証という新たなセキュリティソリューションを提供できるようになりました。F5は今後も日本市場に必要な機能拡張を続けながら、SSL VPN市場のさらなる拡大に取り組んでいきます。

                                                              以上

----------------------------------------------------------------
《Networld + Interop Tokyo 2004でのソリューションご紹介》
6月30日から幕張メッセで開催される「Networld+Interop 2004 Tokyo」のF5ブース(ホール3 3A13)内「認証ソリューションコーナー」において、F5のFirePassとNTTドコモのFirstPassの連携ソリューションについて、デモンストレーションを交えながらご紹介いたします。
----------------------------------------------------------------

※「FirstPass」、「FOMA」は株式会社NTTドコモの登録商標です。
※文中記載の社名、商品名は各社の商標または登録商標です。


■F5ネットワークスについて
F5ネットワークスはIPベースのトラフィックをダウンさせることなく、Any user, Any device, Anywhereの接続を実現します。F5の製品はサーバとサーバ上にあるアプリケーションへの接続に、セキュリティと信頼性をもたらします。F5はまた、ネットワークとアプリケーション間のコミュニケーションを自動化し、人手によるネットワーク管理の負荷を軽減します。
インテリジェントロードバランシングの先駆者であるF5は、ビジネスの最適化とIT投資効果の向上を目指して進化を続けています。そのミッションとして、企業がビジネスにおいて成功を遂げるために要求されるアベイラビリティ、スケーラビリティ、パフォーマンス、そしてセキュリティをシステム全体にわたって提供します。現在6,000社にのぼる企業とサービスプロバイダーがF5のソリューションを導入しています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR