豆蔵とマイクロソフト、システム開発業務の改革を共同で推進

-ソフトウェア開発業務、組織を活性化するための活動で合意-

株式会社豆蔵 2005年08月03日

株式会社豆蔵(東京都新宿区、代表取締役社長:荻原紀男)とマイクロソフト株式会社(東京都渋谷区)は、これまで組織化、標準化の枠組み整備が遅れていた業務システム開発分野の改革を進めるため、企業情報システムにおいて、共同で開発方法論、開発プロセスを整備するとともにシステム開発組織を支援する活動を推進することに合意しました。

 近年、情報システムによる業務改革、ビジネス革新が言われていますが、システムを開発する段階においては開発工程の継続的な改善や品質を向上させるための仕組みな作りなど、製造業では当然のように製造ラインに組み込まれているノウハウがまだ確立されていません。
両社はシステム化のための要求開発の方法、ソフトウェア開発の手順、テストの設計と実施、ソフトウェアの配布と運用まで全工程をシームレスにつなげるための手法を共同で開発し、システムに関する業務全体を改善する仕組みの確立を中心に、今回以下のとおり共同で新たな取り組みを開始します。

・ 豆蔵はシステム開発業務改革ソリューションとして実績を上げている『enThology』にマイクロソフト技術を適用した『enThology for .net』を提供します。
enThology for .net はユーザーのビジネス目標とシステムで実現できる目標を合致させ、この目標を達成できうるITシステムを構築するために用いられる方法論・プロセス、ツールと再利用可能な資産で構成されます。マイクロソフトが提供するシステム開発基盤のMicrosoft® Visual Studio® 2005 Team System(VSTS)、ソフトウェア設計および開発の手順としてまとめられたMicrosoft Solutions Framework (MSF)を中核に用いることにより、システム化のための要求策定支援、ソフトウェア開発工程の改善、ソフトウェア開発標準策定を強力に支援します。
・ マイクロソフトは要求、設計、テストといったソフトウェア開発ライフサイクル全工程の基盤であるVSTS、ソフトウェア設計および開発の手順としてまとめられたMSFを豆蔵のenThology for .netの開発ために早期から提供して支援をしてきました。
今後は共同でVSTSとMSFを織り込んだenThology for .netを核にシステム開発業務改革ソリューションを推進し、開発者を支援します。

会社概要:

株式会社豆蔵
本社:東京都新宿区西新宿二丁目1番1号新宿三井ビルディング34階
資本金:7億7255万円 (資本準備金 6億5711万円)
主な事業内容:わが国トップレベルのオブジェクト指向技術をバックボーンに、教育、コンサルティング、 SI 、経営サポートの各事業領域でビジネスを推進しています。

マイクロソフト株式会社
本社:東京都渋谷区代々木 2-2-1 小田急サザンタワー
資本金:4 億 9550 万円
主な事業内容:コンピュータソフトウエアおよび関連製品の営業・マーケティング

お問い合わせ先

■ 株式会社豆蔵
経営戦略室 担当者
東京都新宿区西新宿二丁目1番1号新宿三井ビルディング34階
TEL: 03-5339-2100
press@mamezou.com

■マイクロソフト株式会社
・お客様からのお問い合わせ先(記事掲載時の問合せ先もこちらでお願いします。)
カスタマー インフォメーションセンター TEL.:0120-41-6755
・報道関係の方は
広報部 新保 将
TEL. 03-4523-3210(部門代表)
mskkpr@microsoft.com

・掲載されている社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

用語解説

・ Visual Studio 2005 Team System(VSTS)とは
Visual Studio 2005 Team System (VSTS)は、Visual Studio 製品ラインを大規模に拡張した全く新しい製品で、プロジェクト管理者、アーキテクト、開発者、テスト担当者を含む、ソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC : software development life cycle)全体を包括的に支援します。チームでのソフトウェア開発に必要な機能を備えており、開発プロセス全体に渡るコミュニケーションおよびコラボレーションを効率化し、ソフトウェア開発の複雑性を軽減することで、品質の高いソリューションの設計および構築が可能となります。

・ Microsoft Solutions Frameworkとは
Microsoft Solutions Framework (MSF) は、高度なカスタマイズ性、拡張性、統合性を持つソフトウェア開発プロセス、原則、および実証済みプラクティスのセットであり、ユーザーが必要とするガイドを必要なときに必要な場所で提供するように作られています。MSF には、マイクロソフト社内外で実証されたガイドが取り入れられています。また、ソフトウェア開発ライフサイクルにおいてプロセスの自動化とプロセス ガイドを提供するために、Visual Studio 2005 Team System とシームレスに統合することが可能です。Visual Studio 2005 Team Systemのリリースに合わせて、Version 4.0 MSF for Agile Software DevelopmentとMSF for CMMI Process Improvement の2種類が提供されます。

・ enThology for .netとは
enThology for .netは工学的な手法をビジネスの現場で実践的に適用し、先進の開発技術を提供することにより、
1・顧客自身の業務分析による情報化戦略の策定:ビジネスモデリングの手法を用いて企業の業務を可視化、分析することにより情報化要求を確立。
2・情報化計画にもとづく適切なシステム化要求の開発。
3・システム化要求を満たす高品質なシステムの開発:お客様の情報システム部門においてソフトウェアの管理開発プロセスを確立。
など企業の情報化戦略策定から情報化投資の最適化までを一貫して支援するサービス体系です。また、その導入基盤としてマイクロソフト社のVisual Studio 2005 Team Systems及びMicrosoft Solutions Frameworkを活用します。 

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR