ICSA Labs、IPsec IKEv2製品認定テストを開始

~独自ノウハウでVPN相互運用性改善と製品開発を推進、 リーダーシップを強化~

サイバートラスト 2006年01月27日

2006年1月23日 ペンシルバニア州メカニクスバーグ発 - ビートラステッド・ジャパン株式会社のパートナ企業Cybertrust社の研究機関であるICSA Labs(r)は本日、IPsec 2.0認定プログラムの一環としてインターネット鍵交換プロトコル バージョン2(IKEv2)に準拠した製品テストの受け入れを開始したと発表しました。IKEv2技術規格は、IPsec仮想私設ネットワーク(VPN)の相互運用性を定義および促進し、潜在的なセキュリティリスクのあるインフラストラクチャー間で安全な通信チャネルを設置できるようにするもので、2005年12月にInternet Engineering Task Force(IETF)により承認されています。

ICSA Labsは、研究、インテリジェンス、認定テストを含むセキュリティ分野において権威ある中央機関として、IKEv2規格に基づくセキュリティ製品のテストをおこなっています。2005年には、IKEv2相互運用性ワークショップを2回にわたり開催し、ベンダーのIKEv2に準拠した製品の発表や、同業社製品のテストなどを促進してきました。このワークショップには、これまでに15社以上のベンダーおよび18種類以上のIKEv2に準拠した製品が登録されました。
今日のIPsec VPNセキュリティ製品は機能性、相互運用性および安全性を求められています。ICSA Labsによる相互運用性に関するイベントは、こうしたニーズを満たすベンダーソリューションを認定するものとして重要視されています。また、本イベントにより、参加ベンダーのIKEv2プロトコル準拠に向けた前進と、製品の市場投入までの時間短縮が期待されています。

ICSA Labsのバイス・プレジデント、ジョージ・ジャパック(George Japak)は以下のように述べています。「ICSA Labsは、VPNセキュリティ製品の主要ベンダーに情報交換の場を提供し、製品テストおよび情報セキュリティ製品の規格設定において最前線に立ち続けてきました。現在IKEv2製品をテストしている唯一のセキュリティ製品テスト機関として、IPsec VPN製品の規格準拠および信頼性の追求を支援しています。」

また、Intotoのマーケティング担当バイス・プレジデント、ダグ・マキシマ(Doug Makishima)は以下のように述べています。「ICSA LabsのIPsec2.0認定プログラムは、VPN製品をIPsecの最新バージョンにアップグレードするベンダーのために、規格準拠と複数ベンダー間の相互運用性を保証します。当社では、最終的なICSA認定プログラムへと至るこれまでのワークショップ開催中に、当社のIKEv2ソフトウェア・ソリューションの確実な規格準拠、相互運用性および豊富な機能性を実証することができました。これにより、OEMのお客様が速やか、かつ確実にIKEv2の実装またはアップグレードを実現できると期待しています。」

IKEv2規格テストを含め、ICSA LabsのIPsecコミュニティについては( (リンク ») )をご覧下さい。

■ICSA Labsについて
ICSA LabsはCybertrust社の研究機関であり、セキュリティ製品に関する検証並びに認定を行っています。世界の主だった数百のセキュリティ・ベンダは、自社の製品の検証と認定をICSA Labsに依頼しています。セキュリティ技術に関わるユーザは、ICSA Labsの権威と製品の信頼性検証や認定基準に信頼を寄せています。ICSA Labsでは、アンチウイルス、ファイアウォール、IPSec VPN、IDSをはじめとする主だった製品の検証を行っています。
(リンク »)

■Cybertrust社について
Cybertrust社は、世界的な情報セキュリティのスペシャリストであり、企業や政府機関がリスクを顕在化しかつコントロールできるための専門知識やマネージドサービスとテクノロジーを提供しています。15年を超える経験をもとに、Cybertrust社は、アイデンティティ管理、脅威の管理、脆弱性の管理、コンプライアンス管理の4つの重要なセキュリティ分野に焦点をおき、セキュリティ・ライフサイクル全般にわたって包括的に取り組んでいる初めての企業です。情報セキュリティ製品の認定に関して世界的なリーダであるICSA Labs(r)(本部:米国バージニア州)や世界で30を越えるオフィスをはじめとするリソース、比類ないセキュリティに関する知識と経験をベースに、ビジネスを展開しています。Cybertrust社は、世界中における4,000を超える顧客にとって、情報セキュリティに関する信頼のおけるアドバイザです。
(リンク »)

■ビートラステッド・ジャパン株式会社について
 2004年9月 米国にて、非公開企業としては世界最大級のセキュリティテクノロジベンダCybertrust社が誕生いたしました。Cybertrust社は、電子認証及びアイデンティティ管理のグローバルカンパニーBetrusted社と、マネージド・セキュリティ・サービスの欧州トップベンダーUbizen社、インテリジェントリスクマネジメント領域におけるリーディングカンパニーTruSecure社の3社が合併した企業です。
電子認証に関するテクノロジソリューション企業であった日本ボルチモアテクノロジーズ株式会社は、Cybertrustグループとの資本業務提携により、ビートラステッド・ジャパン株式会社として生まれ変りました。
さらに昨年6月に発表されたソフトバンクBBとの戦略的資本提携により、一層の事業拡大を目指してまいります。 
(リンク »)

*記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

■一般からのお問い合わせ先
ビートラステッド・ジャパン株式会社
Tel:03-6889-1575  Fax:03-6215-5266
E-mail:info@betrusted.co.jp
URL: (リンク »)

■報道関係者からのお問い合わせ先
ビートラステッド・ジャパン株式会社
広報: 森 龍一
Tel:03-6889-1577  Fax:03-6215-5266
E-mail:press@betrusted.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイバートラストの関連情報

サイバートラスト

サイバートラストの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR