2006年までに19億USドルに到達する工業用耐久コンピュータシステムへの需要

株式会社データリソース 2004年06月28日

米国の調査会社ベンチャーデベロップメント社は調査レポート「北米と西欧における工業用耐久コンピュータシステムへの需要」で、北米および西欧市場の工業用耐久コンピュータシステムへの需要は2003年から2006年の間に年平均成長率(CAGR)で4.4%の伸びを見せると予測している。

90年代には耐久性の高いコンピュータシステムへの需要が一番大きかったのは通信業界であった。しかし、この市場が2000年から2004年の間に不況だったことは周知の事実である。現在通信市場は復活し始めているが、成長率予測は小幅の4.5%となっている。

※工業用耐久コンピュータシステムの出荷台数予測(北米・西欧)
(リンク »)

ベンチャーデベロップメント社の最近の調査では、航空宇宙・防衛市場は2006年までに5.0%という一番高い成長率を記録すると予測している。航空宇宙・防衛向けアプリケーションにおける需要の牽引要因として、次のことが挙げられる:
- 防衛費、特により多くの武器を必要とする国々における政治環境の変化
- 航空宇宙・防衛用システムにおいて、コントローラとしてのコンピュータの拡張利用

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR