トリプルプレイの闘いに備えるキャリア

株式会社データリソース 2004年07月05日

既存の顧客を維持するために、今バンドリングが必要とされている。 プローブグループ社の調査レポートでは、様々なベル系地域電話会社、長距離キャリア、そしてケーブル会社が家庭向けの音声とデータサービス(インターネットアクセスを含む)、バンドリングを利用したビデオ放送などの分野において、どこで、いかに、競争を行なっているかについて分析している。

既存の顧客を維持するために、アクセス回線の減少、利用料金の減少、ブロードバンドインターネット回線、コストと負債削減のすべての意味において、バンドリングが必要とされている。プローブグループ社の調査レポート「一般ユーザー向けバンドリングサービス」では、様々なベル系地域電話会社、長距離キャリア、そしてケーブル会社が家庭向けの音声とデータサービス(インターネットアクセスを含む)、バンドリングを利用したビデオ放送などの分野において、どこで、いかに、競争を行っているかを分析している。

「市場競争の構造は変化している」とプローブグループ社の米国キャリア調査の副社長を務めるLynda Starr氏は言う。「旧ベル系地域電話会社は直接放送衛星オペレータと提携して映像を提供している。ケーブル会社は電話サービスも提供しており、無線に移行した消費者は音声やインターネットアクセスにも移行するかもしれない。」消費者とキャリアの結びつきを強めてチャーンを減らすために、キャリアは販売促進サービスを実施して、短期的には加入者ごとの収益を増やすため、長期的にはネットワークを向上させるためにパッケージサービスを割引額で販売している。

無線キャリアも既存顧客の保持戦略としてバンドリングに焦点を当てている。加入者一人当たりの平均売上が減少する一方、利用分数は増加している。キャリアはワイヤレスローカルナンバーポータビリティ(WLNP)を提供しているため、短期的にはチャーンが高まるが、マーケティングと顧客サービス費によって一部損失が相殺されるだろう。

プローブグループ社の調査レポート「一般ユーザー向けバンドリングサービス」では、家庭向け音声、ビデオ、データサービスにおいて、ケーブルオペレータと有線プロバイダの間で引き起こされる可能性のある主な競争を考察し、また主要キャリアについて論考している。このレポートはプローブグループ社が提供する年間サブスクリプションサービス、「US Carrier Strategies and Markets」シリーズの一環で、米国通信市場の分析と現状を提供する。


◆調査レポート
一般ユーザー向けバンドリングサービス
(リンク »)

◆プローブグループ社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せは下記までお願い致します。
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR