携帯電話向けメモリアーキテクチャの開発

株式会社データリソース 2004年07月09日

画像やホームページの閲覧、ストリーミングメディア、音楽ファイルのダウンロード、テレビ会議、3D&インタラクティブゲーム等のアプリケーションが、携帯電話向けメモリの種類と容量に重大な影響を及ぼしている。 - 米国の調査会社アライドビジネスインテリジェンス社のプレスリリースより。

デジタルイメージング、ウェブブラウジング、ビデオ・オーディオストリーミング、MP3(圧縮型オーディオ)音楽ダウンロード、ビデオコンファレンス、3D&インタラクティブゲーム等のアプリケーションが近い将来携帯電話に搭載されることは、周知の事実である。しかし、これらが携帯電話のメモリアーキテクチャに重大な影響を与えることはあまり知られていない。重要なことは、モデムコードとインストラクションソフトウェアから、データ及びユーザー生成システムにシフトすることであり、携帯電話向けメモリの種類と容量に重大な影響を及ぼす。

コードやインストラクションソフトウェアを保存していたフラッシュメモリを、NOR型からNAND型に移行させるか否かが、現在論議の的となっている。NOR型は、ランダムアクセスに適しているが、一方NAND型は高密度メモリや低コスト・低ビットが要求されるアプリケーションに最適である。

NAND型が携帯電話に搭載された場合、アプリケーションやメディアプロセッサと結合し、モデムのNOR型フラッシュと共に機能できるだろうか? 又はNAND型が携帯電話の唯一のフラッシュメモリになるのだろうか?モデムコードもNAND型に保存出来るのか、又ランタイムでDRAMに切替えることは可能か?
これらへの回答は、次世代型携帯電話サービスへの移行期間、メモリ市場動向(及びそのプレイヤー)に影響を及ぼすだろう。

アライドビジネスインテリジェンス社のレポート「携帯電話向けのメモリ市場」は、上記の問題等を詳しく調査している。また半導体メモリメーカーの戦略を分析し、高速SRAMと結合したフラッシュメモリの不揮発性というメモリ技術における究極の難題を検証している。携帯向けメモリ市場の規模を調査し、2009年までの市場予測を提供している。


◆調査レポート
携帯電話向けのメモリ市場
(リンク »)

◆アライドビジネスインテリジェンス社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR