2008年まで成長し続けるMPEGビデオ用IC

株式会社データリソース 2004年07月15日

携帯端末市場、特にビデオのキャプチャリングが可能なカメラやモバイル放送受信用デジタルテレビチューナーが付いている携帯端末の市場は、MPEG-4用 IC市場にとっては、大きな販路の一つになると見られている。 米国の調査会社インスタット/MDR社のプレスリリースより。

2003年のMPEGビデオ用IC市場は、出荷台数で48%、収益では36%成長したとインスタット/MDR社は報告している。DVDプレーヤーとセットトップボックスの出荷台数の増加が主な要因となって、MPEGビデオ用ICの出荷台数が増加した。DVDプレーヤーの出荷台数が安定している一方で、DVDレコーダーやデジタルテレビ、地上波デジタル用セットトップボックスなど、MPEGビデオ用ICを使っている他製品の市場は、2008年まで成長し続けるだろう。

「放送局は携帯端末や他の受信機器にビデオを配信するために効率的な圧縮技術を採用するため、今後数年間のMPEG-4用IC市場では、H.264対応とASP対応の両方が影響力を持つだろう」と、インスタット/MDR社の上級アナリストMichelle Abraham氏は語っている。携帯端末市場、特にビデオのキャプチャリングが可能なカメラやモバイル放送受信用デジタルテレビチューナーが付いている携帯端末の市場は、MPEG-4用 IC市場にとっては、大きな販路の一つになると思われる。セットトップボックスの接続するネットワークの帯域には制限があるので、DVDプレーヤーにはMPEG-4対応の機能が必要になる。MPEG用ICの出荷台数は2007年には1万台以上という、3桁成長を遂げると予測されている。

同社はまた、次のような調査結果を明らかにしている。
- DVDレコーダーへの買い替えが進んでいることで、SVCDとDVDプレーヤー対応MPEG-2デコーダの売上は落ち込むと見られているが、MP3再生機能の搭載を望むCDプレーヤーメーカーにとってMPEG-1デコーダは非常に経済的なソリューションとなり、MPEG-1デコーダはMP3対応のCDプレーヤーという新たな市場を見出した。DVDレコーダーとハードディスクレコーダー(PVR)が一般消費者向けMPEG-2エンコーダ対応ICの出荷台数増加を後押しし、2004年は2003年の2倍以上になると見られている。
- オンラインゲームでは、MP@ML対応MPEG-2デコーダ市場は急速に成熟化しているが、MP@HL対応MPEG-2デコーダの出荷台数は急速に伸びてきている。出荷台数は、2004年に150%以上の増加となり、2007年まで毎年50%ずつ増加し続けるだろう。
- STMicroelectronics(ST)社は2003年までの4年間連続で、MPEG用IC収益において最大のシェアを持っていた。ESS Technology社は再び合計MPEG出荷台数で首位を掴み、ST社は合計台数で2位となった。MediaTek社は2002年には4位だった収益を2003年には3位まで上げた。

インスタット/MDR社の調査レポート「MPEGビデオ向けIC:MPEG-4の将来性」は、MPEGビデオ用ICを9のカテゴリーに分け、2003年の出荷台数と収益のシェアに関するデータを提供している。
カテゴリーは次の通り:
o 放送およびプロ向けMPEG-2エンコーダ
o 一般消費者向けMPEG-2エンコーダ
o MPEG-2デコーダ
o SVCD対応MPEG-2デコーダ
o DVD対応MPEG-2
o DBSセットトップボックス対応MPEG-2デコーダ
o ケーブルセットトップボックス対応MPEG-2デコーダ
o その他オンラインネットワーク対応MPEG-2デコーダ
o MP@HL対応MPEG-2デコーダ
上記9カテゴリーについて、5年間の出荷台数と米国内販売価格、収益予測も掲載している。また、携帯端末用アプリケーションに使われているMPEG-4用ICや放送/出版メディア用MPEG-4、H.264対応ICの予測データも提供している。


◆調査レポート
MPEGビデオ向けIC:MPEG-4の将来性
(リンク »)

◆インスタット/MDR社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR