2005年までに世界のエレクトロニクス市場のシェア10%を獲得する中国

株式会社データリソース 2004年07月27日

市場は成熟が進むほど成長が鈍くなると予測されているが、2005年まで年平均13%の成長で中国は大きなビジネスチャンスを提供し続けるだろう。

リードエレクトロニクスリサーチ社の「世界のエレクトロニクスデータ年鑑」シリーズの2004年版では、1997年には5%だったエレクトロニクス市場での中国のシェアが、2005年までに10%になると予測している。中国は現在、米国と日本に続く、3番目のエレクトロニクス市場である。

1995年から2000年の間、中国のエレクトロニクス市場は年平均23%の成長を続けている。市場は成熟が進むほど成長が鈍くなると予測されているが、2005年まで年平均13%の成長で中国は大きなビジネスチャンスを提供し続けるだろう。これは2001年から2005年の間に平均5%以下の成長が予測されている他国とは非常に対照的である。

過去5年間は年平均24%の成長を続けており、2000年のエレクトロニクス製品の生産量は810兆USドル規模になると予測されていた。2001年と2002年には成長のスピードが弱まると予測されたが、それでも年平均17%の成長を保つと見られている。1992年には44%だったコンシューマ向け製品の購入比率は2000年には21%、2002年には17%にまで落ち込むと予測されている。
コンピュータ関連製品は、2000年に総生産量の37%を占めており、そのうち60%は輸出されている。主なものとしては、PC周辺機器と部分組立品がある。無線通信機器の生産量も、1995年から2000年の間に年平均38%で急速に増加している。これは2000年の総生産量の9%を占め、輸出市場では36%となっている。



◆調査レポート
Yearbook of World Electronics Data Series
VOLUME 3 - EMERGING COUNTRIES 2004/2005
(リンク »)

◆リードエレクトロニクスリサーチ社について
(リンク »)


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR