IEEE1394搭載製品の出荷台数は右肩上がり

株式会社データリソース 2004年08月24日

1394は、デジタルテレビ、DVDレコーダー、デジタルカムコーダー等CEデバイスでの搭載が特に盛んである。

インスタット/MDR社は、IEEE1394製品市場は未知数だが、巨大なビジネスチャンスを秘めているとしている。この1394規格(FireWire、i.Link等)は、PCやCEデバイス市場において成功を収め、1394製品出荷台数の年平均増加率(2003-2008年)は、22.2%である。
ところがインスタット/MDR社のシニアアナリストBrian O'Rourke氏は、大きな障害が立ちはだかっているという。それは、代替インターフェイス(USB2.0、DVI、HDMI等)の登場や技術力の低下を指している。例えばプリンターやスキャナ、PCカメラ等PC関連デバイスとPCをつなぐインターフェイスでは、USBが採用されており、1394を侵食している。さらにUSBは、外部記憶装置やDVDライター等、以前は1394対応が多かった分野にまで勢力を広げている。しかし1394は、デジタルテレビ、DVDレコーダー、デジタルカムコーダー等CEデバイスでの搭載が盛んである。

その他の最新調査結果を以下にまとめた。

・1394に関する、新しい2つの規格が昨年登場した。1394bとイーサネットを共通の物理層に組み込んだ1394cは、ホームネットワーキングの分野に多大な影響を与えるに違いない。ウルトラワイドバンド(超広帯域無線)経由の1394転送を実現するワイヤレス1394は、デジタルカムコーダー・DVDレコーダーの様な携帯機器や卓上機器などに搭載される。

・1394はPC市場で着実に成長しており、特に個人向けデスクトップ・ノート型PCでの搭載が進んでいる。しかし、企業向けPCでの搭載はまだこれからである。

・自動車業界では、1394が車両向けネットワーキング規格として発達し、最初に1394対応の車両向けネットワーキングが登場するのは、日本のアフターマーケット市場で年内予定である。出荷時からこのネットワークが搭載される様になるのは、2006年以降である。

・インスタット/MDR社の調査レポート「2004年のIEEE 1394製品と市場」は、1394全製品の5年間の市場予測と分析を行っている。また同社の年間家庭用技術調査による、1394についての反響と主要な1394シリコン、IPサプライヤのプロフィールも掲載している。

◆調査レポート
2004年のIEEE 1394製品と市場
(リンク »)

◆インスタット/MDR社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR