キャリアの企業向けサービスと顧客を管理する取り組み

株式会社データリソース 2004年08月24日

FRBOC(旧ベル系地域電話会社)がどのようにして、地域および長距離音声データサービスを提供するグローバルキャリアと競争できるかを分析している。

大企業のエンドユーザーの帯域幅やカスタムネットワークへの需要はかつてないほど高まっており、外注ネットワーク管理、災害復興サービス、外注アプリケーションサポート等の付加価値サービスの主要な市場となっている。プローブグループ社の調査レポート「企業市場のコントロール」では、LATA間サービスに参入することにより、FRBOC(旧ベル系地域電話会社)がどのようにしてAT&T、MCI、Sprint、CLEC、フレームリレーやATM等の地域および長距離音声データサービスを提供するグローバルキャリアと競争できるかを分析している。

「FRBOC やIXC(長距離電話事業者)は、VoIPやIP Centrexに移行しつつあるが、依然として従来の顧客を意識している。彼らは依然過去の遺物ともいえる機器を設置していて、最新の代替品を必要としていない」と、プローブグループ社の米国キャリア調査の副社長を務めるLynda Starr氏は言う。「そのためキャリアはVoIPベースのサービスに革新的なアプローチを取っている。」

プローブグループ社の調査レポート「企業市場のコントロール」では、サービスプロバイダが、日常的に利用される基本アクセスから、マネージドサービスによって可能となる付加価値のあるアクセスにどのように移行しているか考察している。またキャリアは、最も重要な収益の増加と運用コストの節約のバランスに注意を払っている。その結果IP/MPLSベースの集中型ネットワークに投資し、TDMネットワークからは遠ざ
かっている。このレポートはプローブグループ社が提供する年間サブスクリプションサービス、「US Carrier Strategies and Markets」シリーズの一環で、米国通信市場の分析と現状を提供する。

◆調査レポート
企業市場のコントロール
(リンク »)

◆プローブグループ社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR