企業のVoIPの普及を促進するIPセントレックス/ホステッドPBX

株式会社データリソース 2004年08月30日

IPセントレックス/ホステッドPBXはコスト節約や高度なボイス機能、簡易なマネージメントサービスを実現できる。そのため2008年までは前年比約100%で成長すると予測されている。

インスタット/MDR社の報告によれば、企業市場へのVoIPの普及が進むなか、IPセントレックス/ホステッドPBXがインターネットテレフォニーの高まる需要を満たすようになるという。IPセントレックス/ホステッドPBXは、コスト節約、高度なボイス機能および簡易なマネージメントサービスを実現できる。そのため2008年まで、前年比約100%で成長すると予測される。この成長要因は市場に参入するTier 1プロバイダである。

ネットワークホスティング音声アプリケーションであるIPセントレックス/ホステッドPBX は、IP PBXと同様、少なくとも地域の通話、長距離/ボイス機能をビジネスユーザーに提供する。インスタット/MDR社の上級アナリストDaryl Schoolar氏によれば、従来サービスを提供していたのは米国の小規模なTier 2とTier 3企業だけだったが、新たに多くのTier 1企業がサービス提供をはじめた。多くの場合、IPセントレックス/ホステッドPBXの提供ユーザー数は一地域で40-60だが、プロバイダによればユーザー数は増加傾向にあると報告している。
全体のサービス収益の増加が予測されているが、IP PBXのような他の競合するボイスソリューションと比べ小さい成長となる。Schoolar氏は、これはビジネス事業者がホスティングアプリケーションとは対照的なLAN経由の音声交換ソリューションを選択するためであるとしている。

インスタット/MDR社の調査結果を以下に挙げる。
- 2003年末までに米国のサービスプロバイダがIPセントレックス/ホステッドPBXを提供した地域はおよそ40,200だった。Covad (GoBeam)は32%のシェアを占めた。
- RBOCがこの市場に参入すれば全体の成長が促進される。SBCとQwestの両社は2004年にサービスの提供を開始する。インスタット/MDR社はこの他にもRBOC2社が市場に参入すると考えている。
- 現在のIPセントレックス/ホステッドPBXの月間平均サービス料は65ドルで、内訳はインターネットアクセスが20ドル、音声アプリケーションが45ドルである。サービス設置料は一地域およそ175ドルである。インスタット/MDR社は、IPセントレックス/ホステッドPBX市場全体の競争によって、この価格は今後5年間比較的安定すると考えている。

インスタット/MDR社の調査レポート「米国のIPセントレックス/ホステッドPBXサービス」では、米国のIPセントレックス/ホステッドPBXサービス市場について考察し、サービスプロバイダの市場シェアと今後5年間の予測を掲載している。 


◆調査レポート
米国のIPセントレックス/ホステッドPBXサービス
(リンク »)

◆インスタット/MDR社について
(リンク »)


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR