成熟期を迎えるVoIP市場

株式会社データリソース 2004年10月21日

米国の調査会社ABI リサーチによると、テレコム企業は、旧来の電話サービスによる収益が減少するのを恐れており、次第にサーキットスイッチ(回線交換)ネットワークを新しいパケットスイッチに徐々に移行して、コスト削減と信頼性やセキュリティを高めようとしているという。

最近までVoIPは不十分なサービスであり、ハイテク愛好者や早期導入者向けのものとされていた。 しかしABIリサーチの調査によれば、市場は成熟期を迎え、VoIP通信はいよいよ一般ユーザー向けのものとなるという。

ABIリサーチの調査レポート「住宅向けVoIP市場」は、ブロードバンドVoIP市場のドライバー、参入の障壁、ビジネスチャンスを概説し、技術、地域別に市場予測を提供する。

ABIリサーチのブロードバンド部門のディレクターVamsi Sistla氏によると、VoIPはもはや一部のマニア向けのものではなく、ゆくゆくはテレビ会議やユキビタス情報ネットワークに欠かせない技術となるという。

何がその促進要因となるのか?サービスの質や強度は、従来の家庭向け電話によってVoIPサービスを提供するに充分だろうか?

テレコム企業は、旧来の電話サービスによる収益が減少するのを恐れており、次第にサーキットスイッチ(回線交換)ネットワークを新しいパケットスイッチに徐々に移行して、コスト削減と信頼性やセキュリティを高めようとしている。「即座にそうなるわけではないが、もはや勢いを止めることは出来ない」とABIリサーチのシニアアナリストPhil Solis氏は述べる。

ひとつできることは、通信規制機関が関与を始めるに当って、英国の独立規制機関Ofcomが行ったように、VoIPプロバイダがユーザーに地理的な位置とは関係のない「サイバースペースエリアコード」を付与することである。金の動きを作りたいのは、規制機関も同じである。Sistla氏の指摘した様に、従来の電話料金のかなりの部分が税として納められていたが、いまのところVoIPのサービス税はかなり負担が小さいか、無料であるからだ。

投資家には、次の様な問題の回答が不可欠である:主要な電話会社はなぜVoIPに投資を始めるのか?市場はどの程度のスピードで成長するのか?いつ、どの市場に投資するのが良いか?どの広帯域アクセスサービスが最適で、帯域幅はどれくらいか?


◆調査レポート
住宅向けVoIP市場
(リンク »)

◆ABI リサーチ
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR