IPセットトップボックスの(STB)出荷台数はケーブル、サテライトSTBの4倍

株式会社データリソース 2004年11月16日

今後5年間にわたってIP STB市場出荷数の成長率は、約60%である

近い将来、IPセットトップボックス市場(IP STBs)は、ケーブルやサテライトSTB市場の少なくとも4倍のスピードで成長する。

今後5年間にわたって、世界のケーブル、サテライトSTBの出荷数の成長率は13、14%と緩やかだが、IP STB市場は約60%である。

通信オペレータがDSLサービスを提供する地域であれば、世界中いたるところにIP-STBベンダにとってのビジネスチャンスが存在する。

ABIリサーチの家庭用エンターテイメント技術部ディレクターVamsi Sistla氏によれば、市場リーダーで新興プレイヤーでもあるチップセットとコンポーネンツベンダはIP STB業界を見直し始めているという。

Sistla氏は、Thomson、Samsung、Pace、Netscape Communications等の企業はこの市場に非常に入れ込んでいるが、2大ケーブルSTBメーカーは、市場の大きな将来性にもかかわらず、IP-STB関連製品を何ひとつ生産していないと述べる。

「その理由は不明だが、他業界に比べ収益チャンスが少ないことが関係しているのかもしれない。またケーブルテレビ標準化団体がこの流れを阻んでいることも考えうる。」

Sistla氏は、テレビ業界の技術革新がどんなに進もうと、最新のSTB技術が、(HDやタイムシフト、VODやiTV等)将来テレビ鑑賞に影響を与えるのは間違いないと主張する。STマイクロエレクトロニクスのようなチップセットベンダは、レジデンシャルゲートウェイに関して、STBベンダにMSO(マルチプルシステムオペレータ)にとって有利な金額で設定できる権限を与えるよう求めている。

ABIリサーチの調査レポート「ケーブル、DBS、IP、地上波セットトップボックスの将来:VOD、HD、PVR、DCR テレビ、IPビデオ、ゲートウェイ」は、様々な通信ネットワークの最新技術に関して、出荷数、収益、市場浸透率など世界的な傾向を検証している。それは例えば、デジタルケーブル、DBS、ファイバー、地上波、DSL、IPベースのネットワーク等が挙げられる。

◆調査レポート
ケーブル、DBS、IP、地上波セットトップボックスの将来:VOD、HD、PVR、DCR テレビ、IPビデオ、ゲートウェイ
(リンク »)

◆ABI リサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR