RFIDタグ市場は2009年に30億ドル規模に迫る

株式会社データリソース 2005年01月26日

今後最大のRFIDセグメントは、配送サプライチェーンであり、2005年から2009年にかけて、タグやラベルを大規模に導入するだろう

インスタット社によると、RFIDタグは携帯電話の登場以来、最大の無線技術になりそうだとのことである。世界全体の収益は2004年には3億ドルだったが、2009年までには28億ドルまで飛躍するだろう。同期間、RFID技術は幅広く導入され、ビジネスの効率化に重大な影響を与えるようになる。

「今後最大のRFIDセグメントは、間違いなく配送サプライチェーンだろう。2005年から2009年にかけて、タグやラベルを大規模に導入するのはこのセグメントである」とインスタット社のAllen Nogee氏は主張する。大口納入業者にRFIDシステム導入を指定したウォルマートは、この成長に大きく貢献することになる。

インスタット社は、その他に以下のような調査結果を得た。

・RFIDシステムの大規模な展開には、実際数年はかかる。何故なら、現時点ではRFIDタグが比較的高価だからである。だが約0.15ドルの廉価な製品から、100ドル以上の高額なものまで広範囲に及んでいる。

・プライバシー保護の問題は、多数のRFIDアプリケーションにおける懸念事項である。現在、世界中の政府や国会で個人情報保護に関する法案を審議している。

・RFIDにとって(少なくとも予測期間の後半において)、2番目に大きな市場は消費財であり、それは最も情報セキュリティに敏感な業界のひとつでもある。

インスタット社の調査レポート「RFIDタグとチップ:コーヒー一杯よりも低価格で世界が変わる」は、RFIDに関する多数の用途やRFIDタグの生産コストを調査した上、市場成長を鈍化させる可能性もあるプライバシー問題を含め、幅広い問題を検証する。またタグの収益、タグを利用した半導体部門での収益など、多数のタグに関する見積データと5年間予測をセグメント別(例:家畜、家庭用ペット、個人認証、配送サプライチェーン、医薬品管理、大型海上コンテナや貨物のトラッキング、消費財、セキュリティ、銀行取引業務、購買管理、出入管理やその他のシステム等)に掲載する。さらに、ASPタグ、ラベルの見積データや予測もこれらのセグメント別に掲載する。

◆調査レポート
RFIDタグとチップ:コーヒー一杯よりも低価格で世界が変わる
(リンク »)

◆インスタット社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR