ワールドフォンと機内無線サービスが牽引する無線業界

株式会社データリソース 2005年02月15日

2004年、機内端末の音声およびデータサービスが試験的導入で成功した。2006年には、ピコセルなどの技術を利用した無線サービスが本格化する。

インスタット社が行った独自の調査によれば、ワールドフォン、機内無線音声、データサービス加入に対する関心は高い。無線業界は今後数年間の市場成長を期待できるだろう。ワールドフォンはある程度定着しているが、機内無線サービスは普及しはじめたばかりである。

2004年にルフトハンザ・ドイツ航空が導入した機内の無線LANサービスを提供する航空会社は、今後数年の間に急増すると予測される。また2004年、機内端末の音声およびデータサービスが初期段階の試験的導入で成功した。業界では2006年にピコセルなどの技術を利用した無線サービスが本格化すると期待している。

インスタット社の調査結果を以下にあげる。

・回答者の44.2%が機内無線サービスに関心を持ち、約半数の回答者が特別料金を払ってもよいと答えている。

・ワールドフォンは、特にGSM加入者の間に急速に広まっている。最近CDMAとGSMの複合方式のワールドフォンが登場したが、市場は急速に進化している。

・高度ビジネスユーザの間でワールドフォンへの関心が最も高いのは、販売・マーケティング、コンサルタント・調査ユーザである。

インスタット社の調査レポート「ワールドフォンと機内無線サービス:もう無線なしで旅行できない」は、無線サービス加入者の旅行、特に海外旅行の利用パターンのプロファイルを提供している。また、2009年までのワールドフォンの出荷台数の予測データ、現在の音声/データの無線サービスとワールドフォン端末市場の成長に関する業界の査定、無線加入者の関心を集めているワールドフォンと端末機能の考察と分析、機内の無線音声/データサービスの主な展望を提供している。

◆調査レポート
ワールドフォンと機内無線サービス:もう無線なしで旅行できない
(リンク »)

◆インスタット社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR