高度ブロードバンドの理想的なテストベッドとなるプランコミュニティ

株式会社データリソース 2005年03月07日

2004年、プランコミュニティによるブロードバンドサービス収益の総額は1億6400万ドルで、2009年には8億1500万ドルになる。

ブロードバンドは、多くのプランコミュニティープロジェクトで必須のものになっているとインスタット社は報告している。2004年、プランコミュニティによるブロードバンドサービス収益の総額は1億6400万ドルで、2009年には8億1500万ドルになるだろう。

ネット接続コミュニティに向けた開発の多くが特有の性質を持っており、プロバイダはこれらの開発地域をFTTH(Fiber To The Home)やバンドリングサービス等の新しいサービスの理想的なテストベットだと考えている」とインスタット社のアナリストAmy Cravens氏は言う。「ブロードバンドサービスプロバイダは進歩的な開発者と協力して、新開発のマスタープランに技術を導入しようとしている。」

インスタット社の調査結果を以下にあげる。

・2004年、プランコミュニティの22万6000世帯がブロードバンドシステムに加入した。2009年までに89万6000世帯がブロードバンドネットワークに加入する。

・このような新しい開発地域には既存のネットワークがないため、FTTCやFTTH等の高度なブロードバンドソリューションを容易に導入できる。また既にユーティリティを引く溝が掘られており、サービスプロバイダはその溝を利用してファイバを敷設することによって、開発費を削減できる。

インスタット社の調査レポート「米国マスタープランコミュニティのブロードバンド:先進のコミュニティ」は、米国におけるマスタープランコミュニティへのブロードバンドサービス配信市場を考察している。論議や予測を行っているコミュニティには、標準設備またはオプションのブロードバンドサービスが住宅に導入された、集中的に管理され、かつ密接した全てのコミュニティが含まれる。この調査レポートは、すでにあるコミュニティへのブロードバンド導入よりも、新規開発のコミュニティ(Greenfield)に焦点を当てている。

◆調査レポート
米国マスタープランコミュニティのブロードバンド:先進のコミュニティ
(リンク »)

◆インスタット社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR