屋内無線通信ネットワーク

株式会社データリソース 2005年05月19日

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。 5月出版予定です。

現在、無線ネットワークのサービスエリアはほぼユビキタスレベルにあり、ユーザは屋外と同レベルのサービスを室内環境に求めている。無線サービスの質を維持しつつ、新しい無線データサービスを大量に提供しなければならない。室内無線のソリューションにはアクティブシステムとパッシブシステムがあり、マイクロステーションとピコベースステーション、分散型アンテナシステム、光ファイバ接続、リピータ、放射型同軸ケーブル、アンテナ、接続エレクトロニクス等の多くの要素で構成されている。

ABIリサーチの調査レポート「屋内無線通信ネットワーク: アクティブ、パッシブ導入による無線ネットワークの拡大」は、屋内の無線ソリューションの技術を選ぶ際に、建物又は土地の種類と規模が及ぼす影響を考察している。また今後のアクティブシステムとパッシブシステムの構成の移り変わりについても調査している。その他の促進要因や、地域格差を考慮した収益と導入に関する様々な市場予測を立てている。室内の無線アンテナ、収益予測とアンテナの種類およびシングルバンド対マルチバンド機能に関する論考も提供している。

◆調査レポート
屋内無線通信ネットワーク: アクティブ、パッシブ導入による無線ネットワークの拡大
(リンク »)

◆米国ABIリサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR